FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    小型船舶操縦士への道なき道Ⅱ
    070722001.jpg
    今日は船舶免許の実技講習でした。もう心身ともにクタクタです。

    画像中央の教習艇は4人乗りで、先生1人と生徒3人1組で乗り込みます。本番の試験も先生のところが試験官になるだけで、基本的にこの構成です。

    慣れない乗り物に、慣れない操作に、慣れない専門用語。

    挨拶代わりに、

    受験番号1番、路地裏男、

    船体点検します!

    船首よし!

    船首係留よし!

    デッキよし!

    右舷よし!

    船尾係留よし!

    船尾よし!

    推進機よし!

    乗船します!

    船体安定よし!

    左舷よし!

    浸水なし!

    船体点検異状なし!



    …などと、船の各箇所を指差し確認しながら波の音にかき消されないくらいのデカイ声でシャウトすることから始まったりするわけです。

    その後も万事そんな調子で、もちろん操船しながらも「○○よし!」「○○します!」「○○完了!」とやります。使い慣れない言葉の数々と緊張感から、セリフもかみまくりです。最初は自分が日本人である自信がなくなりそうになりました。船に乗っていたのは午後の正味3時間弱だったのですが、とにかく慣れないことは疲れます!

    でも自分の操縦でのクルージングは最高に気持ちよかった…!大海原から横浜の名所の数々を眺めるなんて、なんて贅沢なんだろう!

    ちなみに試験までに1日半くらい乗る人もいるそうですが、僕の場合は諸事情により半日の実技講習のみで本番に臨むことになりました。それに学科の問題集もまだ半分近く手付かずです。どうやら僕の免許取得までの道のりは「異状なし!」とは行きそうもありません。ふぅ…。

    でも「なんとかなるさ」が座右の銘である以上、なんとかせねば!
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    000海里、2004年8月1日(日) 13:24撮影船(ふね)とは水上(海、湖沼、川|河川など)において、おもに人
    2007/11/01(木) 12:58:06 | 船ちゃん!(せんちゃん)