ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    古典札幌柳麺 芳蘭 (東京都千代田区有楽町)
    houran.jpg
    昨日、仕事で有楽町に用事があったので、JRのガード沿いにある「芳蘭」を訪れました。看板に「古典札幌柳麺」とあるようにこの界隈では名の知れた札幌ラーメンの老舗であり、僕にとっても勤めが銀座だった5年前まではたびたび訪れたちょっと懐かしいお店です。店内の壁には有名人のサイン色紙が所狭しと貼られています。

    注文は「味噌らーめん」。そのお値段1000円也。値段は店に入る前から分かっていたことだが、いくら銀座でも高すぎる。サインの拝観料でも含まれているのか、と皮肉のひとつも言いたくなるくらいです。

    そして出てきたラーメンはスープが辛い!僕自身が味噌ラーメンを食べ慣れていないせいもあるのだろうが、これは辛すぎやしないか。このスープの辛さに気をとられたか、麺は札幌らしいやや黄色がかったちぢれ麺だったということ以外に印象なし。チャーシューは大きなものが2枚。1枚目はちょっと硬いけど味が染み込んでいて旨いなぁ、と思いながら食べていたら、2枚目は箸で持つと崩れるほどトロトロの好みのものだった。これが仕様ならうれしい気配りだが、どうだろう。その他の具はネギ、メンマ、うずらの卵、きくらげ。ネギは九条ネギっぽい青々として味噌にマッチしたもの。メンマは食感は良いのだが味は感じられない。

    ところで、最初はしょっぱくてかなわんと思ったスープも途中からは唐辛子のピリ辛味に刺激され、最終的には結構飲んでしまった。決して好みの味ではなかったのだけれど…。ちなみに丼は大きいが、量は普通である。

    総評としてはこの時代にこの味でこの値段はいただけない、これに尽きると思う。店員の対応も悪い。まぁ、これで商売が成り立つのなら余計なお世話だけど、久々に行って悲しくなりましたね。銀座勤めの頃は今以上に薄給だったのに、これを高いと思わなかったんですけどね…。



    食べたもの 味噌らーめん(1,000円)
    食べた日 2006年7月5日
    満足度 ★★★★☆☆☆☆☆☆

    古典札幌柳麺 芳蘭
    住所 東京都千代田区有楽町1-2-9
    電話 03-3580-8868
    営業 (月~土)11:00~26:00
        (日・祝)11:00~24:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事
    コメント
    この記事へのコメント
    麺、麺
    オイラも銀座(東銀座)にお気に入りのラーメン屋があるっす!
    そこも¥1000するですよ!
    もうかれこれ20年くらい前に知り、銀座に行くとほとんど食べに行っているぜ!
    「時計台」というお店で「お米ギャラリー」(だったかな?)の近くの路地の奥にひっそりと営業しているっす!
    たしかに高いけど納得するっす!
    2006/07/09(日) 00:02:25 | URL | ラッキー!ニシ #-[ 編集]
    麺、麺、麺!
    書き込みありがとうです!

    「時計台」懐かしいです!三原橋の近くですよね。
    でも1回かな、入ったことがあるのは。
    あの辺りの勤め人には時計台よりも
    隣にある「中華 三原」の方が人気があり、
    僕も当時は三原に日参していました。
    あそこのタンメンよりうまいタンメンを僕は知りません!

    平日の昼時は中年以上のサラリーマンが
    お店の外まで行列しています。
    若者と女性の姿はほとんどなし!
    今どき店内にクーラーもなし!
    でもうまいんだぁ、ほんとに。

    機会があったら一度行ってみてください。
    確かラーメンは400円だか450円でした。
    でもタンメンがオススメですよ!
    2006/07/09(日) 00:19:42 | URL | 管理人 #EBUSheBA[ 編集]
    麺、麺、麺、麺!
    タンメンといえば京急川崎駅前の「こうや(漢字忘れた)」お勧めです。
    元々名前が気に入って入ったさえない店だけど美味い!
    土地柄というか上品な味ではないし、全く無名店だけどタンメン美味いっす(^_^)
    お近くに行く機会があったらぜひ!
    でも好き嫌いはあるのかもしれないけど...
    2006/07/09(日) 01:03:51 | URL | RT134 #lYpdORLU[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック