FC2ブログ
    忘れじのらーめんの記憶。旧「ラーメン大好き草野球馬鹿の日々」
    焼きあご塩らー麺 たかはし 大船店 「焼きあご塩らー麺」「背脂醤油らー麺」
    takahashi_ofuna_out.jpg
    茗荷谷のらーめん店が新宿へと移転し、あるときを機に「外食虎塾」卒業生の女性店主=社長が前面に出て出店攻勢をかけ始め、ここ大船店は2019年9月オープン。旧鎌倉の「篝」に続き、都内のビッグネームが鎌倉市内に立て続けに進出し、黒船来襲的なものを感じるような感じないような。

    全店舗を通じて、個人的には初訪問。今どきの店なのに、店名を「髙はし」とかにしなかったのがちょっとめずらしい感じ。

    takahashi_ofuna_menu.jpg
    メニューは「焼きあご塩らー麺」「背脂醤油らー麺」「塩つけ麺」の3本立て。二人での訪問だったのでらー麺2種類を注文。お店のおすすめ、〆のあごだし茶漬け用の白めしは別料金。

    takahashi_ofuna_yakiagosioramen_1.jpg
    焼きあご塩らー麺(820円)

    takahashi_ofuna_yakiagosioramen_2.jpg

    takahashi_ofuna_yakiagosioramen_3.jpg

    takahashi_ofuna_yakiagosioramen_4.jpg
    「いち井@長岡インスパイア」系の焼きあご(トビウオ)らーめん。焼きあごならではのスープの色が伝わりやすい丼にすれば良いのに、ちょっと惜しいカモ…?

    焼きあごって強烈そうでいて実際には煮干しあたりと比べると上品でだいぶ旨味が弱い。だから動物系と合わせたときにいかに旨味を引き立たせるのかを楽しみにしていたのですが、その部分で「いち井」のような先達をなぞったままというか、独自性はあまり見えて来ず、魚粉や焼きあご以外の魚介(鯖?とか)頼りなところも見え隠れして、、、といったところで、個人的には予想を超えず。

    ただ、焼きあごで正攻法でスープを取ろうと思ったらえらい原価がかかるし、おそらく、焼きあごでらーめんスープを組み立てる方程式はかなり限定されるのでもありましょうし、誰にでも分かりやすい味で、らーめんとして値段も含めソツなくまとまっていることに価値があろうかと思います。

    takahashi_ofuna_seaburashouyuramen_1.jpg
    背脂醤油らー麺(820円)

    takahashi_ofuna_seaburashouyuramen_2.jpg

    takahashi_ofuna_seaburashouyuramen_3.jpg

    takahashi_ofuna_seaburashouyuramen_4.jpg
    焼きあご塩とは麺変えて来ていますネ。

    近場で新潟の味が楽しめるのはありがたい、が、らーめん潤@蒲田あたりと比べるとおとなしく、やや無機質な印象も受けます。もっと「ワイルドだろ?」ってな感じで良いのに…。多店舗展開するからには粗削りな尖った味、攻めた味ではなく、やはり万人向けに調整しているということか、予備知識が多すぎてこちらにバイアスがかかっているということか、その両方か…。

    作り手の女性がマニキュアというか、ネイルアートって言うんですかね?なかなかに派手になされていて、私のような昔気質のカタブツは気になりました。好き嫌いは別として、間違いなくらーめんが美味しく見える効果はないと思うンですよね。

    深夜まで営業していて便利だけど、トータルであまりリピートしたくはならなかったナ。
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ