FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【1日限定メニュー】 G麺7@上大岡 「10周年限定 正油」
    Gmen7_10th_4.jpg
    2019年1月7日でめでたく10周年を迎えたG麺7@上大岡☆

    Gmen7_10th_1.jpg
    それを記念して、本来なら定休日の1月8日(火)の16時30分より、150杯限定で10周年記念ラーメンを振る舞うことに。事前に後藤さんから21時前には売り切る予定と伺っていましたが、一杯1,900円(!)という価格から、それより遅い時間でもありつけるのではないかと個人的な希望も含め予想していました。行列苦手だし…

    ところが蓋を開けてみれば、当日は開店10分前ですでに50人待ちとか!おいおい、みんな仕事どうした(笑)。その後行列は70人にも達したそうで、18時30分には予定杯数に達し販売終了。実際に出し終わったのはそれから2時間後、つまり中には寒空の下2時間待った方もいたとか…

    あまり宣伝していないのに、G麺7の底力はすごい!これが果たしてロ麺ズならどうなのか?(笑)

    Gmen7_10th_shouyu_1.jpg
    10周年限定 正油(1,900円)

    そんな10周年記念の一杯は、後藤店主の好きな食材を好きなだけ、使いたい食材を使いたいだけ使った一杯。ちなみにこの価格でも採算は合わないとか…(´∀` ;)

    Gmen7_10th_shouyu_2.jpg
    味は正油と塩の二択。どちらかと言えば「数には数を」で、6種の鶏豚スープに対して醤油11種のタレを合わせる正油がそそられるかな?でも初期のG麺7に思い入れがある人なら、塩も良さそう。

    どちらにしてもオープン以来常に挑戦し続けながらも頑なに守り続けた「一杯1,000円以下」のポリシーも、この日だけはごめんなさいな一杯。普段できないことをやってみたくなった後藤さんに、それを食べてみたいG麺ファン多数の図。

    Gmen7_10th_shouyu_3.jpg
    もちろん「味わう一杯」でもありますが、それ以上に「感じる一杯」と思われた方も多いことでしょう。だってコレ、旨いは当たり前、通過点ですよね。焦点はもはや、凄いかどうか。

    Gmen7_10th_shouyu_4.jpg
    自分も普段なら「1,900円のラーメンとして成功しているか」といった視点で見てしまいそうですが、今日はお祭りですもの、そんなのオッパッピーです。値段が普段の倍以上だから美味しさも2倍かと問われたなら答えはNOだと思いますが、だからと言って文句を言う人もいないはず。だって、好きで食べに来ている人ばかりなのですから。

    気難しいことを言ってしまえば、5種類の地鶏丸鶏と金華豚の背骨だけという野菜なども使わぬ贅沢スープは、旨味、まろみ、厚みは文句なしだけれど、僕にとっては単調である部分も否めず(時間的に僕がいただいたときはスープが煮詰まってしまってもいたようでした)、後藤さんに正直にお話しすると「いつもの方がいろんな味がするよね」と。やはり後藤さんだ、良かった。そして、レギュラーのラーメンを800円以下で出していることの凄さやありがたみも再確認したり。

    その一方で、この贅沢な一杯にもカリカリが入っているところに、G麺7のアイデンティティであり原点を感じ、グッと来たりも。今回、当初は鴨油だけのプランだったのが、それだと上品過ぎて背脂のカリカリもプラスせざるを得なくなったというのが真相のようでしたが、うんうん、それで良かった、そうでなきゃ。以前後藤さんがSNSで「10割上品なのは蕎麦、10割の中に1割の下品さがあるのがラーメン」といった内容のある方の持論を引用しておられましたが、カリカリがまさにそれであって、これからもG麺7のトレードマークであり続けて欲しいなァ。

    そんなこんなで、ラーメンの楽しさ、奥深さ、素晴らしさ、難しさ、10年前の原点、10年分の足跡等々に思いを巡らせながらいただき、また、10年続くラーメン店は全体の1割かそれ以下だったと思いますが、鶏ガラ、豚ガラ、そして後藤店主の人ガラ、愛されるにはきちんと理由があることも実感でき、さらには自分がこの場に居合わせることが出来たことも含め、感慨もひとしおでした。

    Gmen7_10th_3.jpg
    あらためて後藤店主・スタッフ・関係者の皆様、10周年おめでとうございました&これからも楽しませてくださいませ(´∀` *)



    G麺7 (じーめんせぶん)
    住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西3-10-6
    電話 045-517-3918
    営業 11:30~23:00
    定休 火
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ