FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺バル HACHIKIN(ハチキン)@本鵠沼 「醤油ハーフSoba」「煮干時雨」
    hachikin_out_2.jpg
    惜しまれつつ3月末限りで閉店した麺やBar渦に代わり、2018年5月1日にオープンしたお店。今度は渦店主のお母様が店主で、ラーメンは渦店主の弟さんで蔦店主である大西祐貴さんが監修、コンセプトは「蔦別亭」とのこと。初訪問。

    hachikin_out_1.jpg
    ウィークデーの12:40到着で先客4、後客2、折からの暑さのせいか空いていました。あんらまー、スタッフは渦のときと同じお兄さんじゃないですか。店主のお母様はいらっしゃらず、何となく察するものがあるような、ないような。店内の設えも渦と一緒、ただし席数は微減。

    店内を眺めていると、土佐の「はちきん地鶏取扱店」の銘板が。では「はちきん」とは何ぞやというと、「行動的で気性のさっぱりした女性」を意味する同地方の言葉だそうで、店主ご自身も高知出身とのこと。

    hachikin_menu_1.jpg
    メニュー。サイドの鶏皮ギョーザに渦の名残りが。

    hachikin_menu_2.jpg
    今月の限定麺カレンダー。

    hachikin_shouyusoba_half_1.jpg
    醤油ハーフsoba(700円)

    hachikin_shouyusoba_half_2.jpg
    写真では伝わりにくいですが、連食に日和ってハーフサイズを注文。コレ、実際にはとても小さなかわいい丼です。

    hachikin_shouyusoba_half_3.jpg
    一見すると清湯醤油のスタンダードのようですが、特に魚介出汁の扱いが巧みで、既視感と言いますか(この場合は既“味”感…?)、どこそこの味に似ているといういわゆる「またおま」感を感じません。華々しさこそありませんが、料理として一歩も二歩も踏み込んでいて完成度が高いといった印象。値段も高いですが(笑)。

    hachikin_shouyusoba_half_4.jpg
    同じようなことが麺や具材にも言えます(「醤油Soba」に関するカタログスペックは記事の最後に)。

    hachikin_niboshigure_1.jpg
    煮干時雨(にぼしぐれ)(950円)

    hachikin_niboshigure_2.jpg
    「冷製の煮干Soba」との紹介文。

    hachikin_niboshigure_3.jpg
    さっぱりといただける酸味の効いた優しい煮干のスープ。

    hachikin_niboshigure_4.jpg
    麺は平打ちで醤油Sobaとは異なるもの。まぁ、これはレギュラーメニュー以外を食べたいときの常連さん向け季節メニューかな。

    hachikin_niboshigure_5.jpg
    美味しかったけれど、じゃあ渦より魅力的かと言われると考えてしまいます。営業時間は以前より短くなりましたし(バルで21時閉店は早くない?)、渦店主さんがTwitterで「平成30年3月31日第1部完。2021年6月1日第2部開始予定」と麺やBar渦の再始動を表明していることを思うと、何か釈然としない気もしますし。

    キッチンのお兄さん達と接客担当のお姉さんの応対がとても気持ち良いのは渦から変わらず。大事なのは丼に名前を入れることじゃなくてコレよね。

    【醤油Soba詳細】

    タレ:
    和歌山県の蔵元の丸大豆醤油をメインに淡口醤油と白醤油をブレンドし、大量の蛤や牛肉などのダシを合わせたダシ醤油ダレ。

    麺:
    20番中細麺、蔦工房から直送、はるゆたか、春よ恋、自家製低温粉、きたほなみ、イワイノダイチを使用。天然由来の内モンゴルかんすいと沖縄県ぬちまーすを使用し小麦粉の甘味と旨味を最大限引き出し滑らかに仕上げました。

    スープ:
    高知県地鶏「はちきん地鶏」の丸鶏とガラと神奈川県藤沢のブランド豚「みやじ豚」の背脂のみで抽出した動物スープ。
    大量の白身魚をフュメドポワソンの技法を用いて煮込んだ鮮魚スープ。
    うるめ節、片口鰯、鯖節、鰹節、真昆布からなる濃密な魚介スープ。
    これらを贅沢に組み合わせたトリプルスープ。

    具材:
    みやじ豚のロースとモモチャーシュー
    細切りメンマ
    京都知七さん直送九条葱

    以上、大西祐貴さんのブログ「生涯ラーメン一本勝負」より抜粋





    麺バル HACHIKIN(ハチキン)
    住所 神奈川県藤沢市鵠沼桜が岡3-5-7
    電話 0466-51-2308
    営業 11:30~14:00(LO)/18:00~21:00(LO)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ