FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    中華そば 勝本@水道橋 「塩そば」「濃厚煮干しそば」
    katsumoto_out.jpg
    つけそば神田勝本の素晴らしさに触発され、それではと昨年12月上旬訪問。こちらは2015年3月のオープンであり、神田勝本の方が後発なので順序的には逆ではありますが。

    katsumoto_menu_1.jpg
    券売機。「塩そば」「中華そば」「濃厚煮干しそば」「濃厚煮干しつけそば」といったラインアップ。

    katsumoto_menu_2.jpg
    それが卓上メニューだと「中華そば」「塩そば」…の順。当初はオーソドックスな「中華そば」推しだったのが、その後「塩そば」推しに変わったのか、あるいは「塩そば」は後から追加されたメニューだったりするのかしら、などと。

    katsumoto_001.jpg
    格式高そうな演出で売っているラーメン店も最近でこそ珍しくありませんが、そんなお店でも大抵オラつき気味の店員がいたりするものですが、こちらはまったくそういうところはなく、皆さん凛とした板前風情でいらっしゃいます。

    katsumoto_siosoba_1.jpg
    塩そば(750円)+味玉(100円)

    katsumoto_siosoba_2.jpg
    見るからにお上品な「煮干しアサリ塩スープ」の一杯。チャーシューは豚ヒレなんですって。

    katsumoto_siosoba_3.jpg
    そしてその通り、メインでベースとなっているであろう鶏をはじめ、貝も乾物もふんわりと上品。「シェルラー」なれど「パンチ型」ではなく「バランス型」。その中で柚子の効きの強さが気になるなぁ。茶色い粒々はキノコ?糸唐辛子はこちらのお店への期待度からするとありきたりな感も。

    katsumoto_siosoba_4.jpg
    平打ち気味の麺はツルモチでさすがの美味しさ。それにしても気持ち良さそうに麺を泳がせてあります。

    katsumoto_siosoba_5.jpg
    味玉は別皿。これだけ黄身がトロトロだと別皿にならざるを得ないと思いますが、ラーメンのトッピングとして考えると違和感も。

    待ち客がいなかったことからホール担当のおねえさんに確認のうえ、連食をば。

    katsumoto_noukouniboshisoba_1.jpg
    濃厚煮干しそば(780円)

    katsumoto_noukouniboshisoba_2.jpg
    上の「塩そば」と比べると「別の店か?」というほどの共通点の無さ。すごいこだわり。

    katsumoto_noukouniboshisoba_3.jpg
    とろみを伴ったスープは豊かなニボニボと醤油ダレがシンクロしてかなり引きが強いもの。「塩そば」の後なので余計にそう感じるのでしょうが、そうそう、これがラーメンだよね、という趣。煮干しや醤油の旨味って日本人のDNAに刻み込まれていて自然と身体が喜ぶようなところがあるよね、と改めて思ったり。

    katsumoto_noukouniboshisoba_4.jpg
    麺もスープに合わせ、より食べ応えのあるもの。

    katsumoto_noukouniboshisoba_5.jpg
    前述の通り、チャーシューもメンマもネギなども「塩そば」とは変えてあり、同じお店でまったく別のラーメンが楽しめます。

    神田勝本の方が活気はあった印象ではありましたが、適度な緊張感を伴ったお店の雰囲気や、使われている器なども好み。行き届いたサービスもしかり、とても気分の良いお店です。



    中華そば 勝本
    住所 東京都千代田区三崎町2-15-5
    電話 03-3239-7370
    営業 11:00~22:30
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ