FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    元祖横浜ワンタン本舗 港軒@ 関内 「雲呑そば+雲吞」
    minatoken_out.jpg
    こちら2017年10月5日オープン、昨年10月下旬訪問。店先にはキャバクラの呼び込みマンが常駐しており、お仕事を妨げる訳にも行かず、結果、写り込みを避けられずの巻。

    minatoken_menu.jpg
    謳い文句は「ぷりっと肉派?つるっと皮派?皮と具の両方を楽しめる日本一初の雲呑専門店」とかとか。かのボンドオブハーツグループの横浜再進出店でございます。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_1.jpg
    雲呑そば(890円)+雲吞(150円)

    minatoken_wantansoba_wantantopping_2.jpg
    雲吞そばの雲呑はデフォで2個ですが、存分に味わいたくて雲呑そばにさらに雲呑をくトッピングしてみました。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_5.jpg
    その雲呑は大ぶりですがやわらかで、「雲を呑む」を体現。まさに雲のごとくフワッとした餡であり皮を、呑むがごとくいただくもの。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_6.jpg
    生姜が効いた肉ワンタンと、海老しんじょによる海老ワンタンのペア。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_3.jpg
    スープはあっさりした鶏100%のオールドスタイル。あくまで雲呑が主役なのかと思わせる何とも言えないオーソドックスさ。頑張って褒めて白河系と言えるかどうか。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_4.jpg
    麺は信州産小麦100%の麺だそうですが、スープに対する主張の強さに違和感。濃厚魚介豚骨つけ麺とかであればこのくらい主張していても良いか??と前向きに考えてもみましたが、全体的にのっぺりしてメリハリがなく、ゴムっぽい食感がすごく苦手。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_8.jpg
    低温調理の豚肩ロースと鶏ムネ。こうした麗しい見た目のチャーシューに出会うことが多くなりましたが、味でも納得させてくれるものはそう多くないと感じることがしばしば。

    minatoken_wantansoba_wantantopping_7.jpg
    これはお麩だったかな、忘れてしまった。

    久々のブログ更新となりました。この港軒をきっかけに更新のモチベーションを失っていましたが(ぉい)、身辺がようやく少し落ち着いて来ましたので、基本的に時系列でアップしますので古い情報ばかりになりますがボチボチ再開していければなと(´∀` *)



    元祖横浜ワンタン本舗 港軒
    住所 神奈川県横浜市中区住吉町3-28
    電話 045-681-7072
    営業 11:00~24:00(23:30LO)
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。