FC2ブログ
    ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    紅蓮@早稲田 「ら~めん海老の雫」
    guren_out_3.jpg
    早大正門前のお店。海老をフィーチャーしたつけ麺と油そばのみのメニュー展開のため足が遠のいていましたが、らーめんがレギュラー化されたらしく寄ってみることにしました。

    guren_menu.jpg
    従来の「極上海老つけ麺」「香味油そば」に、「ら~めん海老の雫」「海老マヨ油そば」が新商品として加わりました。

    guren_ebiramen_1.jpg
    ら~めん海老の雫(750円)

    guren_ebiramen_2.jpg
    今までも早大祭の時期に限定で提供されることがあったメニューのレギュラー化みたい。「雫」というのはこちらの店主さんが福生でラーメン業界でのキャリアをスタートさせたときの店名でもあります。

    guren_ebiramen_3.jpg
    ぽってりとした鶏白湯に海老の風味を効かせた醤油味。のっけから海老がガッツリ突き抜けて主張して来るわけではありませんが、徐々に、しかししっかりと寄せて来ます。その香ばしさは「海老一色」というより「海老も含めた魚介?」という印象も受けましたので、ひょっとしたら煮干しなども使っているでしょうか。粉っぽさやざらつきは抑えられています。

    油に頼っていないこともあり出汁感がダイレクトに感じられます。この建付けを煮干しでやるのが全盛の今、海老というのが新鮮に映ります。

    guren_ebiramen_4.jpg
    中細のストレート麺は油そばと共通なのかな。ツルプリッとした食感と歯切れの良さ、麦麦しい風味を湛えていて美味しい麺。この麺で動物清湯の醤油らーめんも食べてみたいかな。

    チャーシューは外周を炙った豚バラ、少し前は煮豚だった気もしますが焼豚に変わったでしょうか。短冊メンマが2本。刻みネギ。

    この界隈で食べられる貴重な「ラーメンらしいラーメン」のひとつには数えられそうで個人的には好みですが、欲を言えば堅実過ぎて見向きされにくいかな、という気もします(油そばの街なので…)。

    それからこのお店、太麺のつけ麺がメインなので回転が悪く(提供まで時間がかかる)、そのせいか空席が多数あっても座る席を指定される(昼時のみかも)、連れ同士でつけ麺とらーめんを同時に注文してもらーめんが先に出て来る(つけ麺の方が食べるのに時間がかかるので先に出すべきだと思う)ことなど、オペレーションに関して気になる人は気になろうかと思います。



    紅蓮
    住所 東京都新宿区早稲田鶴巻町517
    電話 
    営業 (平日)11:00~15:00/17:30~22:00
        (土)11:00~15:00/17:30~21:00
    定休 日・祝
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ