ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋 庄太 津久井浜本店 「味噌らぁ麺」「背アブラ煮干しつけ麺」
    shouta_out_3.jpg
    5月上旬訪問。庄太店主にはお店の外でお会いすることが何度かありましたが、津久井浜本店へは2016年11月の復活オープン後、初めて。

    shouta_menu_2.jpg
    およそ3年ぶりの訪問、メニューも様変わりしていました。

    shouta_ramen_4.jpg
    らぁ麺(並)(800円)

    shouta_ramen_5.jpg
    絶対的看板メニュー。

    shouta_ramen_6.jpg
    六浦店も美味しいですが、本店は本店で、また違った旨さであり凄味を感じさせてくれます。本支店で切磋琢磨している感。

    shouta_ramen_7.jpg
    茶色がかった自家製の極太麺、ちょっとくり山@白楽を連想させるかも(当社比)。

    shouta_misoramen_1.jpg
    味噌らぁ麺(並)(850円)

    shouta_misoramen_2.jpg
    3種の白味噌、トッピングにはナッツ類&彩り野菜を使った意欲的な新メニュー。

    shouta_misoramen_3.jpg
    手前と、

    shouta_misoramen_4.jpg
    対岸ではスープの味が異なります。ドロドロですがスープ割りもしてもらえます。

    shouta_misoramen_5.jpg
    麺は手揉みのちぢれ麺。

    shouta_niboshitsukemen_1.jpg
    背アブラ煮干しつけ麺(910円)

    shouta_niboshitsukemen_2.jpg
    自家製麺を味わうならつけ麺も外せまいと。今、つけ麺はこの1種類。

    shouta_niboshitsukemen_3.jpg
    豚骨煮干し、量たっぷりで熱々なつけ汁に今度は啜磨専科@上大岡っぽさを感じたり。

    shouta_niboshitsukemen_4.jpg
    ワシワシと食らう麺はもちろん、和テイストに拍車をかける岩海苔の存在も良かったです。

    P1200150.jpg
    どれもとても美味しかった。

    庄太店主を筆頭にスタッフ皆さん常にアンテナを張り巡らせ、仕事はキレキレ、接客はハキハキ。

    常に全力、本気。

    客を引き込むような緊張感、ライブ感。

    一方で、自らを追い込み、律する姿。

    すごい集中力に圧倒されます。



    でも…

    スープを濾すとき、近くにいる助手の人にスープが撥ねまくっているのは気になるけど(笑)。

    そういえば、自分も催事のときにキャベツの茹で汁をかけられたけど(笑)。


    P1200177.jpg
    美味い不味いは理屈じゃないんだ、作り手の「思い」なんだと、改めて思ったり。

    P1200178.jpg
    いろんな店主さんがいて、皆さんそれぞれ個性があって、重視しているところが違って。

    P1200179.jpg
    その中でも、麺屋庄太は本店・六浦店共に仕事に対する志、意識が本当に高い、と思う。

    P1200180.jpg
    そんなプロの矜持に、

    P1200184.jpg
    グッと来ないはずがない。

    P1200185.jpg
    また、来ます。



    麺屋 庄太 津久井浜本店
    HP http://menyashota.nomaki.jp/
    住所 神奈川県横須賀市津久井2-18-22
    電話 046-848-0929
    営業 (月・火・木)11:00~17:00(LO)
        (金・土・日・祝)11:00~21:00(LO)
    定休 水
    駐車場 あり
    過去のレポート
    2013/09/26 らぁ麺(並)、中華そば(並)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ