ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    タンメン・カントナ@平沼橋 「カントナタンメン」
    tanmencantona_out_1.jpg
    3月中旬、大幅に遅ればせながら初訪問。店主さん自身が食生活の乱れから体調を崩したことを背景に、「からだが喜ぶ料理」をモットーに野菜をいっぱい食べられるお店を…ということで2012年8月にオープンされたのがこちら。化学調味料も不使用だそうです。店内はカウンター4席+テーブル5卓12~13席、後会計制。

    tanmencantona_out_3.jpg
    飄々とした雰囲気ながら動きはキビキビとした店主さんは横浜中華街の老舗「萬珍樓」のご出身で、ふくろう@戸塚の長友店主の先輩にあたるそうです。店内はサッカー推しまくりのディスプレイ、でも店主さんは小・中・高と野球部だったというその柔軟性みたいなものがこのお店作りにも生かされている感。

    tanmencantona_menu_1.jpg
    メニューは「七彩タンメン」とそのトッピング違いの他、「コンポタ・タンメン」「黒酢と濃厚ゴマの坦々あえ麺」「とりしおあえ麺」といった麺のラインナップ。ランチは土曜日でもライス無料…ってふくろうさんと一緒ですねー。

    tanmencantona_menu_2.jpg
    こちらは夜メニュー。もしかしたらこれですべてではなかったかも知れません。

    tanmencantona_cantonatanmen_1.jpg
    カントナタンメン(1,000円)

    tanmencantona_cantonatanmen_2.jpg
    看板メニュー「七彩タンメン」にわずか150円増しで豚しゃぶ肉・えび・いかがトッピングされるこちら。

    tanmencantona_cantonatanmen_3.jpg
    彩り鮮やかな9種類250g(トマト、エリンギ、ターサイ、にんじん、大葉、ねぎ、白菜、にんにく、もやし)という野菜を使ったベジブロス(「野菜くずだし」なんて言われますね)+鶏のダブルというスープ。

    前半はあんかけのトロトロ食感で進み、ふんだんな野菜の旨味に「料理における野菜の旨味というのは間違いないなぁ」と思わされます。これは「からだが喜ぶ」のは元より、野菜たちも喜んでいるに違いありません。トッピングの豚しゃぶ・エビ・イカも含め、どれもが活き活きとしていて美味しいし、温まるなぁ…!

    トロトロの層が終わると、徐々にトマトの旨味を中心とした爽やかな甘味と酸味のサラサラスープへと移ろい、すっきりさっぱりした後味に収束して行きます。上手に出来た無化調って良いですねぇ。卓上酢や自家製ラー油による味変でも、無化調の良さを満喫できます。

    tanmencantona_cantonatanmen_4.jpg
    麺は白っぽいモチモチの平打ち太麺、やややわめ。存在を主張するというより、スープと具との一体感に長けています。

    どこを切り取っても美味しく、起承転結も見事なカントナ流タンメン。一般的なタンメンとは別物、どちらかといえばサンマーメン寄り…なんてつまらないことを言うお前に食わせるカントナタンメンはねぇ!といったところで、この創作性やオリジナリティの前でそこをつつくのは意味がないと思います。それを言い出したら「コンポタ・タンメン」なんて…ですね。

    tanmencantona_out_5.jpg
    ちょっとした小物なども含めてお店の随所にセンスの良さが行き届いていて、とても良いお店でとても良い麺料理をいただきました。

    tanmencantona_out_2.jpg
    「体に良いものを…」というモットーも、↑このくらいソフトで仰々しくなく発信してくれた方が僕は好き。メッセージ性が強すぎると食べ手の受け止め方も偏りますしね…

    tanmencantona_out_4.jpg
    夜は中華バルとしての一面もあるそうで、いつか来てみたいなぁ。



    タンメン・カントナ
    住所 神奈川県横浜市西区平沼33-12 くえーるビル1F
    電話 045-314-4337
    営業 11:30~14:30(14:00LO)/18:00~22:00(21:30LO)
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ