ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ラーメン ひら乃@鎌倉 「②特製みそラーメン」
    hirano_out.jpg
    2月下旬訪問。小町通りの玄関口からじきのところにある、1969年創業の老舗。古くからの鎌倉人にとってラーメン屋の代名詞と言えばここであり、旧鎌倉人で知らない人はいないであろう有名店です。

    僕自身、仕事がある日はほぼ毎日この前を通りながら、入店したのはおよそ10年ぶり。先日の渦@本鵠沼とはまた違って、こちらは「いつでも食べられる」と思うとなかなか食べないというパターンかも知れません。営業はご主人お一人で切り盛りされていますが、朝の通勤時間帯には奥様でしょうか、女性の方が掃除をしていらっしゃるのを見かけます。

    hirano_menu.jpg
    メニューは正油と味噌ラーメンのみ。変わっているのがひと口に「特製」と言ってもトッピング内容にバリエーションがあること。

    超狭小の店内は「カウンター7席」というスペックから想像するよりはるかに狭く、特に巨漢でなくとも入店を諦めざるを得ない人もいるだろうなと思うほど。平日19時前で先客1名、後客なし。

    BGMはNHKラジオ第1だったか、とにかくAMラジオ。「東京では雪が降ったらしいですねー」なんて店主さんに話しかけられましたが、店主さんも特別僕に興味があるわけではなさそうだったので、禅問答のような当たり障りのない返答をして場をつなぎながら待っているうちに、注文したものが出てきました。

    hirano_2tokuseimiso_1.jpg
    ②特製みそラーメン(1,100円)

    hirano_2tokuseimiso_2.jpg
    支那竹・チャーシュー・たまご入りの特製の②番です。

    ひき肉も入らずこってりでもない、裏も表もないようなシャバシャバスープにラー油でピリ辛さを加えた昔ながらの味噌ラーメン。動物系に魚介系も使われているようですが決して味噌汁っぽくはなく、醤油ラーメンに近い印象。そう、昔ながらと言っても決してぼやけていやしないのです。

    hirano_2tokuseimiso_3.jpg
    黄色がかった中細麺は地元邦栄堂製麺、やわめ。

    hirano_2tokuseimiso_4.jpg
    見た目より柔らかなこのモモチャーシューや固ゆでたまごの素朴さがまた良い味を出しています。

    これをラヲタ目線で必要以上にスープがどうとか語るのがナンセンスで、よそで1,100円も出せばこれよりはるかに質の高いラーメンが食べられることは分かり切っていますが、断じてそういうことではないのです。

    ここには昭和が、70年代が、80年代が、時代に飲み込まれずにあります。自分で言えば子供の頃、母親に連れて行ってもらった空間とラーメンが、30年近く経ってもそのまま残っている。変わり続ける小町通りにおいて創業48年、昔のままがここにあることに敬意を払いつつ、「美味しい」「また来たい」と思わせる魅力があるからこそこの激戦区でも長続きしていることも再認識できました。



    ラーメン ひら乃
    住所 神奈川県鎌倉市小町1-6-13
    電話 0467-23-1862
    営業 11:00~20:00
    定休 火
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。