ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺やBar 渦@本鵠沼 「湘南湯麺 琥珀」「醤油煮干ラーメン」「煮干しまぜソバ」他
    uzu_out_1.jpg
    2月下旬、7年ぶりの訪問。7年前はブログに書かなかったようですので、ブログ掲載は10年以上ぶり。

    uzu_out_2.jpg
    今の住まいからそう遠くはなく、頭の中では日頃から行きたいと思っているのに方角や立地的に実際にはなかなか足が向かなかったりします。そういう店、ありませんか?

    uzu_menu_1.jpg
    メニュー。ラーメン×Barですから、写真入りのメニューを見ながら「あれもいいね、これもいいね」と悩みながら注文しての後会計式です。

    uzu_menu_2.jpg
    テラかわゆす(古っ)。

    uzu_kohaku_1.jpg
    湘南湯麺 琥珀(780円)

    uzu_kohaku_2.jpg

    uzu_kohaku_3.jpg

    uzu_kohaku_4.jpg

    uzu_shouyuniboshi_1.jpg
    醤油煮干ラーメン(880円)

    uzu_shouyuniboshi_2.jpg

    uzu_shouyuniboshi_3.jpg

    uzu_nibomazesoba_1.jpg
    煮干しまぜソバ(880円)

    uzu_nibomazesoba_2.jpg

    uzu_nibomazesoba_3.jpg

    【スープ -SOUP-】
    調水した純水に、吟味を重ねたいくつもの素材から(豚、鶏、昆布、椎茸、秋刀魚、鯵、鰹、林檎、玉葱etc)じっくり抽出したスープを最も良い状態で仕上げ、急冷し、一晩熟成させてから提供しています。 安心して召し上がっていただくために化学調味料等は使用していません。

    【麺 -NOODLE-】
    数種類の国内産小麦と全粒粉を独自配合した小麦の香りとコシ、しなやかさを併せ持つ麺。季節によって加水率や加塩量等の調整をしています。

    【醤油 -SOYSAUCE-】
    小豆島産生揚げ醤油(丸大豆・丸小麦を麹にして仕込み、じっくり発酵・熟成させたもろみをそのまま搾った、加熱処理を一切施さない醤油)を使用し、少々の調味料と乾物を加えてタレに仕上げています。生揚げ醤油特有の芳醇な香り、自然な色艶、深くまろやかな味わいをご賞味ください。

    【塩 -SALT-】
    国産にこだわらず吟味した世界各地の塩からブレンドやその用途により使いわけています。天然由来のミネラルやマグネシウムなど豊富な栄養素も含まれた塩を中心に使用しています。

    【チャーシュー -ROASTED PORK FILLET-】
    脂の甘いバラ肉や柔らかいもも肉、旨味の豊富な肩ロース肉等、豚肉の部位を用途や味付けに合わせて使用しています。脂の甘みと肉の旨味を十分に引き出すよう調理し、それぞれ注文毎に炙ってから提供しています。

    麺やBar渦 公式サイトから引用




    uzu_Aset_2.jpg
    Aセット(380円)のミニ炙りチャーシューご飯と、

    uzu_Aset_1.jpg
    鶏皮ぎょうざ。

    P1190687.jpg
    開店して10年超、自分が語るまでもなく評価も定まっている名店だと思いますし、充実したホームページもあって実際にそれらと違わぬ印象でもありましたので、一つ一つのレビューは割愛します。

    それだけどれも例外なく美味しく、そのどれもが、とことん無駄を削ぎ落とした、雑味無く、しなやかで、たおやかで、引っかかりがなく、ストンと胃に吸い込まれる、シームレスで流れるような、無垢で外連味のない洗練された味わい。

    …と思いつくままに単語を並べて無理やりつなぎ合わせてみましたが、食材同士をケンカさせず本来の美味しさを最大限に引き出すことに力を入れている印象です。

    また、どれも美味しかった中で、特に印象に残ったのはチャーシュー!抜群に旨いです。あとは煮干し粉と焦がしネギに鎌倉にあった「ひなどり」を思い出しましたし(いつの話だw)、その使い方でありもたらす味わいに「めじろ」からの系譜が息づいていることも感じられました。

    後味も良く、料理としては文句のつけようがなし。強いて言えば、ジャンク性も求められるラーメンとして「攻めているか」と問われれば…というところですが、そこは好みの問題でしょう。

    大西代表は不在でしたが、スタッフの方々が気持ち良く出迎えてくださって居心地も最高でした。「アジアンレッド」も未食のままですし、そう遠くないうちにまた足を運ばねばなりません。



    麺やBar 渦
    HP http://menya-bar-uzu.com/
    住所 神奈川県藤沢市鵠沼桜ヶ岡3-5-7
    電話 0466-28-8443
    営業 11:30~15:00(LO)/18:00~22:00(LO)
    定休 月(祝日の場合は翌日)
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ