ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ロ麺ズ・G麺7-01の近況報告 & G麺7営業時間変更のお知らせ
    20170225001.jpg
    後藤店主からお声がけいただき、ロ麺ズ@弘明寺へ。先日の記事で予告していた外看板が無事付きました。なお、「1h駐車無料」となっていますが、ロ麺ズで食事をし、駐車券の裏にハンを押してもらい、UCCカフェかマルエツサービスカウンターで手続きをすると+2時間の延長が受けられます!

    そして新たな試作を二品いただきました。

    20170225002.jpg
    これを見て魚に疎い自分は「カマス?」「タチウオ?」と外しまくり、正解は秋刀魚煮干しだそうです。秋刀魚煮干しというとかつての武蔵新宿本店のイメージですが、節類などよりも良い出汁がよく出るそうで、これを使った限定をG麺7-01@ららぽーと湘南平塚と、後藤店主プロデュースの啜乱会@新小岩で始めるそうです。

    20170225003.jpg
    火炎放射仕上げ!

    romenzu_sanmaniboshiramen_1.jpg
    秋刀魚煮干しの焦がし正油らーめん(仮)

    romenzu_sanmaniboshiramen_2.jpg
    画像通りの、焦がしモッツァレラチーズが乗ったものがG麺7-01にて近々平日限定で登場予定、モッツァレラチーズレスのものが啜乱会にてこちらも平日限定で来週から始まります。

    romenzu_sanmaniboshiramen_3.jpg
    フライパンで焦がした正油タレと秋刀魚煮干し100%の出汁を重ねたスープはビターで香りが高く、輪郭がはっきりしたもの。煮干し嫌いの後藤店主も「これは大丈夫」という通り煮干し特有のクセは少ない…、というよりそれを凌ぐほど旨味に厚みがあると言った方が正確かも知れません。醤油味ですしね。

    G麺7-01仕様はトロトロの焦がしモッツァレラチーズを麺に絡めながらいただくスタイルで、女性を中心に好評とか。個人的に秋刀魚煮干しについては温度が下がってからも旨味が膨らむような印象があったので、他にもいろいろな使い方が出来そうな気もしました。

    G麺7-01ではレギュラーメニューと同じ、税抜780円での提供予定です。

    romenzu_kogashikakimisoramen_1.jpg
    焦がし牡蠣の味噌らーめん(仮)

    romenzu_kogashikakimisoramen_2.jpg
    一方こちらはロ麺ズ用の限定の試作。牡蠣以外の具は有り合わせのもの。

    romenzu_kogashikakimisoramen_4.jpg
    牡蠣をテーマに「クリーム系?」「辛い系?」と思案したものの、奇を衒い過ぎるとウケないからとベタな「牡蠣味噌」に落ち着いた次第。NO MORE カルボナーラつけ麺(笑)。

    romenzu_kogashikakimisoramen_3.jpg
    焦がした牡蠣の風味を移したスープ…でしたが、牡蠣の時期がまもなく終了ということで残念ながら短命に終わるか、そもそも提供しないかもと…。牡蠣をフライパンで焦がすときに油が激しく飛び散っていたのも、かなり後藤店主のやる気を削いでいたように見えました(苦笑)。

    20170225004.jpg
    そんなこんなで、日々試行錯誤しながらこんな試作もしてますよ、というお知らせでした。

    そして最後に一番伝えたいことが!

    G麺7@上大岡ですが、3月初旬から営業時間が、
    11:30~23:00の通し営業(中休み無し)になります!これまでやりたくても物理的に難しかった通し営業でしたが、ようやく体制が整い実現の運びとなったそうです。これはお客・お店双方にとってWin-Winですね(´∀` *)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ