ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    G麺7-01@ららぽーと湘南平塚 「背油コッテリらーめん正油」「濃厚らーめん味噌」
    Gmen7-01_out_4.jpg
    2017年1月23日(月)からメニューをリニューアルしたG麺7-01@ららぽーと湘南平塚を訪れました。2016年10月6日のグランドオープンからわずか3ヶ月半でのメニュー刷新です。

    Gmen7-01_menu_4.jpg
    背油コッテリらーめん正油、濃厚らーめん味噌、野菜たっぷりタン麺塩など、既存店とは異なるメニュー展開。上大岡本店の名物・しょうがタレ丼もサイドメニューに加わり、価格もコート内の他店と足並みを揃え税抜表示に改められました。

    Gmen7-01_menu_5.jpg
    記事を書く段階になって気づきましたが、この写真にある税込価格は正確ではありません…。「玉子丼」は378円、「チャーシュー丼」は410円ですね。「全乗せ~」と「らーめん正油」はリニューアル前のメニューです。

    Gmen7-01_kotterishouyu_1.jpg
    背油コッテリらーめん正油(842円)

    Gmen7-01_kotterishouyu_2.jpg
    啜磨専科で限定提供され人気を博した背脂コッテリが平塚で復活です。

    Gmen7-01_kotterishouyu_3.jpg
    鶏ガラスープに背脂というちょっと異色に思えなくもない組み合わせですが、そんなこともないでしょうか。背脂によって鶏出汁が消されやしないかと思いきや杞憂に過ぎず、かなり鶏が主張します。

    それでいてG麺7らしい、醤油の香りの高さも特徴的。背脂由来なのか甘味もあり、「コッテリ」とは言え品の良さを備えた佇まい。裏を返せば「コッテリ」のネーミングからジャンクさを期待すると物足りないかも知れません。

    Gmen7-01_kotterishouyu_4.jpg
    一方、外注の平打ち気味というか断面が楕円っぽい麺は標準的と言えば標準的ですが、自家製後藤麺に慣れていると正直言って美味しくありません。仕方ないのかな。

    ロ麺ズで仕込んでいるチャーシューはこの中で異彩を放つ美味しさ。スープに沈んでも抜けない燻香の高さが見事です。

    Gmen7-01_noukoumiso_1.jpg
    濃厚らーめん味噌(842円)

    Gmen7-01_noukoumiso_2.jpg
    上大岡本店には存在しない味噌らーめんがラインアップ。

    Gmen7-01_noukoumiso_3.jpg
    こちらは「こってり」ではなく「濃厚」のネーミング通り、味噌の濃ゆさ、濃密さが特徴的。野菜炒めが乗るとやはりそれを中心とした味になり、オリジナリティは出しにくいでしょうか。

    作るのは手間がかかりそうですが、アツアツの野菜たっぷりでボリューミー、それでいてこのプライスですから、ラインアップ中でももっとも分かりやすく満足感を得やすいメニューのように思います。

    Gmen7-01_noukoumiso_4.jpg
    この構成であれば麺の弱味もそこまで気になりません。

    ただ正油にしても味噌にしても、これが上大岡のアノG麺7なのかと問われればファンの一人として複雑というか、割り切れない思いが多々あるのも確か。端からコンセプトが違うのは重々承知していても、「自分が好きなG麺7はこうじゃないんだー」と誰にともなく声高に叫びたい衝動に駆られます(苦笑)。



    G麺7-01(ジーメンセブン ゼロワン)
    住所 神奈川県平塚市天沼10-1 ららぽーと湘南平塚3階 湘南Food Hall内
    電話 0463-72-8570
    営業 10:00~21:00
    定休 ららぽーと湘南平塚に準ずる
    駐車場 あり(1,000円以上で1時間、3,000円以上で2時間無料)
    過去のレポート
    2016/10/05 らーめん正油、こんにゃくらーめん塩
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ