ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【平日限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「冬ボナーラつけ麺」始まりました!
    romenzu_fuyubonara_tsuke_9.jpg
    ロ麺ズ@弘明寺では、昨日2月6日(月)の午後から新たな限定メニュー「冬ボナーラつけ麺」が始まっています!

    romenzu_fuyubonara_tsuke_1.jpg
    冬ボナーラつけ麺(990円)

    romenzu_fuyubonara_tsuke_2.jpg
    巷には「めしボナーラ」やら「みそボナーラ」なるものがあるようですが、あつもりカルボナーラつけ麺、名付けて「冬ボナーラ」の登場です。久々に後藤店主らしさを感じるネーミングかも?

    白湯つけ麺」に続くつけ麺の限定ということで、後藤店主の中でつけ麺ブームなのかお尋ねしたところ決してそういうことでもないみたい。

    でも「白湯つけ麺」の存在が伏線に無くは無いようで、昔から「寒いからってつけ麺の『あつもり』を注文するくらいならラーメンを食べれば良いのに」と思っていたという後藤店主。自分も含めてこれに同感という人は少なくないと思うのですが、そこを逆転の発想で敢えて「あつもりでなければいけない理由」を作ってあつもりに仕立ててしまったのが今作。

    この目の付け所の天邪鬼さというか、このこねくり回す感じの往生際の悪さみたいなものこそ後藤店主の本領という気がします(笑)。もっとも、忠実に言い表すなら「あつもり」ではなく「釜揚げ」スタイルではあるのですが。

    romenzu_fuyubonara_tsuke_3.jpg
    後藤店主初採用という生クリームをベースに、卵と、イタリアチーズの至宝「グラナパダーノ」(パルメザン=パルミジャーノ・レッジャーノではないのです)をふんだんに使ったカルボナーラソースのつけだれ。味濃いめの設定です。なお、生クリームを使うと原価がどうしても撥ね上がるそうで、今回のプライスもかろうじてこだわりの千円未満を維持したものの目一杯の設定なのはそれが理由。

    さて、カルボナーラと言えば卵を生すぎず、それでいてダマにもならないようにするのがポイントですよね。それゆえにつけだれはアツアツより温度を落とした設定にせざるを得ません。しかし後藤店主が「ぬるいつけ麺」を良しとしないのは啜磨専科のつけ麺&つけだれでも周知の通り。

    romenzu_fuyubonara_tsuke_4.jpg
    そこで麺をアツアツのスープに浸す釜揚げスタイルを取ることで懸案を払拭しつつ、「あつもりででなければならない理由」を生み出した―――というのがこのつけ麺の真相であります。

    どうです、なかなか説得力あるでしょう?

    …なんて(笑)。

    でも、一般消費者にはだいぶどうでも良いエピソードながら、フリークには堪らない視点ではないでしょうか(笑)。

    romenzu_fuyubonara_tsuke_5.jpg
    もちろんそんなことはお構いなしで、ごく普通にカルボナーラつけ麺として召し上がっていただいて何ら問題ございません。

    romenzu_fuyubonara_tsuke_6.jpg
    麺はレギュラーの丸刃を使用。万能プレイヤーのこの麺はカルボナーラとも相性抜群。

    麺サイドのスープもレギュラースープに塩ダレで味付けをしたものとすることで、「つけては食べる」を繰り返すうちにだんだんとカルボナーラテイストからラーメンテイストへの移ろいが楽しめたり、レモンの酸味とニラの香りが、時としてもたつく感もあるカルボナーラのネガ要素の解消に一役も二役も買っているところにも、「カルボナーララーメン」ではなく「カルボナーラつけ麺」である存在意義が見え隠れします。

    海苔の存在感も面白く、後藤店主も「海苔とクリームが意外と合うよね」と。チャーシューも同メニュー専用となる、しっとりしながら周囲を炙った凝ったものを奢っています。

    romenzu_fuyubonara_tsuke_7.jpg
    そして〆には一口ライスで…

    romenzu_fuyubonara_tsuke_8.jpg
    めしボナーラ!でお腹パンパンです。

    試作段階で若い女性からの評判は上々だったものの、ここロ麺ズは残念ながら都会のオシャレなお店ではないのが現実(苦笑)。ということでニッチなニーズしか無いかも知れませんが、「徹底的に作り込んだ完璧な物より、こういう偏らない物の方が作ってて楽しいんだよね」という後藤店主の遊び心に寄り添ってみるのもなかなか面白いと思います(´▽`)

    なお、調理の工程数の多さと一杯ずつつけだれを調理しなければならないことから「土日には絶対に提供できないシリーズ第2弾」ということで、【平日限定】での提供となりますのでご注意ください。その間、「白湯つけ麺」はお休みとし、土日限定でもうしばらく継続予定とのことです。

    【お知らせ①】
    20170207002.jpg
    従来1時間無料だったマルエツ六ッ川店の駐車場ですが、ロ麺ズを含むサニーロード各店の利用で3時間まで無料になりました!

    【お知らせ②】
    20170207001.jpg
    近々マルエツの平戸桜木道路沿いにロ麺ズ看板が付くかも知れません!大人の事情により付かないかも知れません!(笑)



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2017/01/16 白湯つけ麺 (期間限定)
    2016/12/31 年越しらーめん・塩 (期間限定)
    2016/10/28 和風細麺潮らーめん (期間限定)
    2016/09/21 烏賊煮干和風らーめん (期間限定)
    2016/08/04 冷やし中華 (期間限定)
    2016/06/14 冷やし味噌 (期間限定)
    2016/05/23 冷やしジャージャー麺 (期間限定)
    2016/03/31 手もみワンタン麺 (期間限定)
    2016/02/29 タコまぜそば type(温)(期間限定)
    2016/02/15 蛤浅利の正油そば・味噌バージョン(期間限定)、らーめん味噌
    2016/02/03 蛤浅利の正油そば(期間限定)
    2016/01/08 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/16 汁無担担麺Sサイズ、汁無味噌担担麺(試作)
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。