ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ナルトもメンマもあるけれど。@元住吉 「中華そば」
    narutomomenmamoarukeredo_out_1.jpg
    1月中旬の訪問。元住吉駅東口から関東労災病院方面へ、歩くこと3分ほどの住宅街に2016年12月12日にオープンしたお店。昼間は「ナルトもメンマもないけれど。」として塩らーめんと味噌らーめんを、夜は屋号を「ナルトもメンマもあるけれど。」に変え醤油らーめんを提供する、いわゆる「二毛作」の営業スタイルのお店です。

    narutomomenmamoarukeredo_out_2.jpg
    風変わりな店名は店主さんが敬愛するユニコーンの楽曲「車も電話もないけれど」(アルバム「ヒゲとボイン」収録)に由来。

    narutomomenmamoarukeredo_menu.jpg
    オーダーは券売機による食券制、「ナルトもメンマもあるけれど」ではメニューは前述の通り醤油味の「中華そば」のみの提供です。

    店内はカウンター6席のみでの営業、本来小上がりもあるのですが、そこは間仕切りで仕切って物置兼事務所として使用。ネット情報によれば店主さんは一風堂出身らしく、麺をテボで茹でておいての平ザルでの湯切りを見るとそれも合点が行きます。

    ちなみに卓上調味料はなし。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_1.jpg
    中華そば 並(800円)

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_2.jpg
    券売機に「鹿児島県産の甘口な醤油を使ったシンプルならーめん」と記された一杯。一般的に醤油は産地が南に行くほど甘くなると言われますが、それを裏付けるように、鹿児島県産の醤油は九州の中でも特に甘いのだとか。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_3.jpg
    とはいえスープ自体、らーめんとして過度に甘いということはありません。ベースのメインは鶏でしょうか、嫌みのない、丹念に旨味を重ねた豊かな味わい。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_4.jpg
    その醤油以上にポイントになっていると思われるのが香味油で、鰹、煮干し、揚げ葱等を使っているでしょうか。まろやかで普遍的な味わいの中にユニコーンらしい変化球を効かせています。

    それ以外にも一瞬不思議な酸味(?)やらスパイス的な味わいやらが顔を出したり引っ込んだりと、特定の味に留まらず、絶えず味わいが変化する印象です。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_5.jpg
    京都の麺屋棣鄂製の麺が特徴的で、パッと連想したのが「年越しそば」。この舌触りと食感と言いこの麺線の長さと言い、らーめんでこんなに日本蕎麦っぽい麺は初めてというくらい。もっとも「年越しそば」でなく単なる「そば」でも良いはずですが、雪予報が出るほど寒い日の夜に食べたから「年越しそば」に感じられたのかも…。甘めの醤油や鰹などが余計に蕎麦っぽさを感じさせます。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_6.jpg
    チャーシューは見た目、らーめんに入れてはもったいないくらいの仕上がり。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_8.jpg
    元住吉ラブ。

    narutomomenmamoarukeredo_cyuukasoba_7.jpg
    ここにもナルトがありました。そういえばユニコーンのアルバムの裏ジャケットの収録曲リストでこういうデザインがあった気がしますが、何のアルバムだったか思い出せない…。

    BGMは元より、店内にはユニコーンのCDやTシャツ等のグッズがディスプレイされています。○の中にカタカナの「ナ」が入るお店のロゴも、奥田民生の「ot」のロゴの捩りですよね。お若い店主さん、年代的にユニコーン世代ではないと思われ、奥田民生のソロが入口だったんじゃないかな?と勝手な想像をしてみたりしました。



    ナルトもメンマもあるけれど。
    住所 神奈川県川崎市中原区木月住吉町4-19 フローラルヤエザワ1F
    電話 
    営業 (木~土)17:00~20:00
    定休 日~水
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ