ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    釜炊きとんこつらーめん 麺場 絆 1048@戸塚 「らーめん」
    kizuna1048_out.jpg
    1月中旬の訪問。戸塚公会堂そばに2016年9月10日にオープンしたお店。ラーメン店が飽和状態と思えるほどにひしめき合う戸塚駅西側エリアですが、今のところカテゴリーの棲み分けが為されているため客の奪い合いにはならなさそうにも思います。エリア的には「麺や幸村」や「麺酒処ふくろう」が競合店になるでしょうか。

    店名の「1048」の由来が気になるところですが、店主さんのお名前が「としや」だと勝手に予想。

    kizuna1048_menu.jpg
    店内はL字のカウンター10席、食券制。メニューは「らーめん」とそのトッピング違いのみという潔い展開。食券を渡すと麺のかたさを確認されます(詳細は後述)。

    P1190511.jpg
    卓上調味料および無料トッピングは、酢、らーめんダレ、胡椒、白ゴマ、豆板醤、おろしニンニク、辛子高菜、紅生姜など。

    kizuna1048_ramen_1.jpg
    らーめん(680円)

    kizuna1048_ramen_2.jpg
    自分自身九州豚骨は不案内ですが、評価が高いNoodle Works@茅ヶ崎なども輩出した「たまがった」出身らしく、カテゴリーとしては大分らーめんという話。

    kizuna1048_ramen_3.jpg
    一瞬レンゲを押し返すような骨太ボディのド豚骨スープ、密度が高くまろやかで旨味もしっかり、ただし若干の臭みあり。

    カエシが薄めなのは数々の卓上アイテムありきでの味変ベースと理解、その方が辛子高菜や紅生姜などが合いますものね。ただ、カエシしっかりの今どきのスープに慣れていると、「あれっ?」と不意を突かれるかも知れません。

    kizuna1048_ramen_4.jpg
    麺は「粉おとし」(茹で時間3秒)から「やわめ」(同68秒)までの5段階でかたさの指定可能。「ふつう」でお願いしましたがそれでもかため寄り。淡麗系の麺に慣れていると若干麺同士が絡まるのが気になりますが、この系統の麺としては標準的だとも思います。替玉は100円、基本的には現金でなく食券でお願いする模様。

    力強いスープが特徴的で本格派なのは重々伝わりますが、ここまでの重量級はもう若くはない自分にはヘヴィですし、それを差し引いてもややマニア向けのような気もしました。とは言え、戸塚にまたレベルが高い店が増えたことは間違いなさそうです。

    なおオープン当初は日曜定休でしたが、現在は火曜定休とのことです。



    釜炊きとんこつらーめん 麺場 絆1048
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町121-4
    電話 045-392-9570
    営業 11:00~23:00(スープなくなり次第終了)
    定休 火
    駐車場 なし

    麺場 絆1048ラーメン / 戸塚)

    夜総合点★★★☆☆ 3.3

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ