ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    自家製中華そば としおか@早稲田 「つけめん中」
    toshioka_out_2.jpg
    11月8日(火)訪問。10:54到着ですでに暖簾がかかっており、外13名待ち。さらに開店直後だったためか、この後30分に渡り列は動かず…(´Д`;)

    結局到着からちょうど1時間後の11:54に入店出来ましたが、この時点で外待ちは8名ほど。偶々だとは思いますが昼時にこの待ち人数は少なめで、ひょっとしたら成増に復活した「べんてん」に分散されているのかな?などと思ってみたり。

    toshioka_menu.jpg
    この日の目当ては未食の「つけめん」。ようやくこれでとしおかのメニューはコンプリートです(裏メニュー除く)。

    toshioka_tsukemen_1.jpg
    つけめん・中(850円)

    toshioka_tsukemen_2.jpg
    丸長や東池袋大勝軒などから脈々と受け継がれるオールドスタイル。

    toshioka_tsukemen_3.jpg
    「甘・辛・酸」のキーワードで語られるこの系統のつけだれですが、相対的に見て甘味は抑え気味でしょうか。

    toshioka_tsukemen_4.jpg
    それに対して動物系がしっかりめで、この系統としてはシャバさを感じさせません。

    toshioka_tsukemen_5.jpg
    艶やかで麗しい自家製の太麺、麺量は並250g、中350gが同額。いただいたのは中350g。

    toshioka_tsukemen_6.jpg
    ちゅるっとしたこの麺がとにかく秀逸で、いくらでも食べられそうなほど旨し。

    toshioka_tsukemen_7.jpg
    チャーシューやメンマもまたしかり。すべてにおいて実直で抜かりのない仕事ぶりが光ります。

    ただ、つけめんに関しては1時間以上も待つ甲斐はないかなというのが個人的な見方。「塩らーめん」の中毒性を持った美味しさを思うと、つけめんは「東池袋大勝軒のもりそばの正常進化版」の括りから抜け出ていない印象です。

    これは在りし日のべんてん@高田馬場でも感じたことであり、裏を返せば「塩ラーメン」とそれ以外でしっかり棲み分けが出来ているということなのかも知れませんが、つけだれもスープ割りした後の方がずっと旨く、「コレ、ラーメンの方がいいじゃん」と思ってしまいました。ラーメンとつけめんでスープがどこまで同じなのかは定かでありませんが…

    もっとも、最初からそんな予感がしていたゆえ全メニューの中でつけめんが最後になったわけでもあります。よって僅か三度の訪問で判断するなら自分の中では「塩ラーメン」が「ベスト・オブ・としおか」という結論でございます。

    【おまけ】

    知られた話ですが店主さんの接客がステキで、一見のお客さんが「生卵」の食券を出すと、

    店主「生卵どうしますか?」
    客「えっ?」
    店主(いきなりキレ気味に)「生卵どうしますか?」
    客「どう?って、えっ…?」
    店主「生卵どうしますか?」
    客「どうしますか?って、えっ…?」
    店主「生卵どうしますか?」
    客「…(沈黙)」

    みたいなやりとりが展開されます(苦笑)。正解は「麺に乗せる」か「スープに入れる」の二択らしいですが、一応は「別皿で」も対応してもらえるようです。

    中にはしどろもどろになりながら「先で」とドリンクセットみたいな回答をした人もいて気の毒だったり。この塩対応がこの店の名物と言えるかも知れませんが、一見客や空気を読まない客に対しては手厳しいお店ではあります。



    自家製麺 としおか
    住所 東京都新宿区弁天町20-102
    電話 
    営業 11:00~14:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/04/08 塩ラーメン小
    2016/03/04 ラーメン並
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ