ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺屋ふぅふぅ亭@神楽坂 「芳醇鶏そば醤油」
    fuufuutei_out_2.jpg
    2009年オープンのお店。11月7日訪問。今年の4月に改装したとかで、以前とは店内レイアウトが変わっていました。自分が数年ごとにしか訪れないからですが、それにしても来るたびに間取りなり外観なりが変わっている印象。店内は以前よりもお一人様が落ち着いて食べられるよう気遣われたように思います。

    fuufuutei_menu_3.jpgfuufuutei_menu_4.jpg
    メニューやコンセプトも来るたびに変わっているようなところがあって、現在ははかた地鶏を前面に据えた「日本のおいしい鶏で作る至福の一杯」。清湯の醤油・塩・味噌のらーめんの他に鶏白湯つけ麺という展開で、かつてあった汁なし担々麵は消滅。つけ麺に割りスープが付かないのはイケてないですね。

    fuufuutei_shouyu_1.jpg
    芳醇鶏そば醤油(750円)

    fuufuutei_shouyu_2.jpg
    注文後、3分程度で登場。あまりの早業に、のんびりメニューの写真を撮ろうとしていた自分はびっくり。

    fuufuutei_shouyu_3.jpg
    昔懐かしさと今のトレンドを巧みに同居させたようなスープ。表立ったところでは豊かな鶏の旨味であるとか、キリッとした醤油が中心となって美味しさを引っ張りますが、この惹きの強さの秘密はトリュフだったり魚介だったりするのでしょうか。過度な装飾はなくとも、十二分旨いと思わせてくれます。

    fuufuutei_shouyu_4.jpg
    麺は加水多めのプリッとしたもの。

    fuufuutei_shouyu_5.jpg
    この焼き目が付いたチャーシューとかスープの色とか、チャーシューが変わる前の麺庵ちとせ@若松河田っぽさもあるようなないような。

    シンプルですが予想以上に美味しく、ごくごく当然のことながら、複雑であったり奇を衒ったりしなくても印象に残るらーめんは作れるということを再認識しました。



    麺屋ふぅふぅ亭
    HP http://www.feu-feu-tei.com/
    住所 東京都新宿区矢来町118 石本マンション1階
    電話 03-3267-5576
    営業 (月~金)11:30~15:30(15:00LO)/17:30~23:00(22:30LO)
        (土・日・祝)11:30~22:00(21:30LO)
        ※スープ、麺なくなり次第終了
    定休 不定休
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。