ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    niるい斗@上永谷 「大分佐伯らーめん」
    niruito_out.jpg
    閉店した「ラーメン本舗。」の跡地に移転した「麺匠るい斗」に代わってオープンした、るい斗ブランドの2号店。2016年7月15日オープン。両店共用の駐車場に車を駐車したまま、「麺匠るい斗」から歩いて訪問しましたが、連食派にはこれ以上ない好条件です(笑)。店主さんはこちらで麺上げをしていらっしゃいました。

    niruito_menu_2.jpg
    新潟五大ラーメン(四大ラーメンとも)の一つである生姜醤油ラーメンと、大分佐伯(さいき)ラーメンという、接点があるのかないのか分からない2種類のご当地ラーメンを提供する、一風変わったコンセプトのお店です。店内は直線のカウンター10席ほど。

    niruito_menu_1.jpg
    券売機。生姜醤油ラーメンは現地でも食べたことがありますので、ここは大分に行ってみましょう。

    niruito_saikiramen_1.jpg
    大分佐伯らーめん(650円)

    niruito_saikiramen_2.jpg
    良い意味で洗練されておらず野趣味がありそうなラーメンが出てきました。

    niruito_saikiramen_3.jpg
    ホワイトペッパーとニンニクが効いた液体油たっぷりの豚骨スープ。「ザ・ラーメン」といった懐かしさを感じさせる趣ですが、しっかりまぶされたホワイトペッパーが「一介の調味料」から「中毒性を持った旨味」に変化して行くところにグイグイ引き込まれます。

    niruito_saikiramen_4.jpg
    麺は透明感のあるプリッとした中細ストレート、オーソドックスですが流石というか、抜かりなさを感じさせます。

    niruito_saikiramen_5.jpg
    チャーシューも美味ですが、輪をかけて炒めたモヤシが最高でした。

    お店のコンセプトもさることながら、「大分佐伯らーめん」という選んだらーめんも面白く、ホワイトペッパーがスープの旨味と一体となっていく様は中毒者続出というのも納得。ご当地ラーメンのコピペと言ってしまえばそれまでですが、どちらかというとラーメンから排除され行く傾向にある胡椒を特徴とするこのラーメンに着目したところが率直にすごいと思います。

    後味はタンメンに似ていて、炒めたモヤシが自分史上最高に旨いラーメンかも知れないと思うほどに美味しかったです。



    niるい斗
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷5-1-21
    電話 045-823-1190
    営業 11:00~14:00/18:00~21:00
    定休 火
    駐車場 あり(店舗裏に麺匠るい斗と共用17台)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ