ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺匠 るい斗@上永谷 「醤油らーめん」
    ruito_out_3.jpg
    10月30日(日)のこと。この日やってきたのは、環状2号線沿いの「るい斗」の2号店「niるい斗」。店舗裏に自前の駐車場(るい斗・niるい斗共用)が多数(17台分らしい)確保されていてとても良心的ですね。

    ruito_menu_2.jpg
    券売機。今どき600円台は嬉しいですね、って、むむむ?「niるい斗」の看板である「大分佐伯らーめん」と「新潟生姜醤油らーめん」、券売機に見当たらないけど…?

    店内見回しても全員白湯食べてるし、券売機にも選択肢ないし、どうなってるんだ?コンセプト変えたの??じゃああちこちに貼ってある佐伯だの新潟だののPOPは何…???と思っていたのですが、じきに自分が入店したのが2号店の「niるい斗」ではなく、1号店の「るい斗」だと気が付きました。アホ(笑)。

    そういえばかつての「ラーメン本舗。」の跡地に「るい斗」が移転して、元々の「るい斗」の場所に2号店「niるい斗」がオープンしたんでしたっけ。店頭のPOPは2号店オープンの案内だったのね。それにしても「るい斗」の店名表示がある看板は歩行者目線では見づらい位置にあるものだから非常に紛らわしい…。

    ruito_menu_3.jpg
    どうりで全員が白湯食べているはずです。店内はL字のカウンター12席くらいとテーブル2卓8席。

    ruito_shouyuramen_1.jpg
    醤油らーめん(680円)

    ruito_shouyuramen_2.jpg
    渡なべ@高田馬場を思い出す濃厚豚魚。無化調です。当初はわずかな酸味を感じますが、クリーミーで、一時期のブームは去ったとは言え「美味いものは美味い」と十二分に思わせてくれます。自分自身この系統は敬遠気味でしたが、惹かれるものアリ。

    ruito_shouyuramen_4.jpg
    麺は太めのガチムチとして、色白の中にふすまが見えるもの。炙りのチャーシューもお約束のホロホロのもの。

    ぽってりとしたスープながら後味はすっきり。このクオリティにしてこの価格設定は立派(駐車場のことも考えるとなおさら)ですし、この系統、一過性の流行ではなく今でも根強い人気があるのだなぁ、と思わせる客入りでもありました。調べてみたところ7年半ぶりの訪問、それまで良い印象がなく避けていたのですが、今回の偶然の訪問で見方が大いに好転しました(笑)。



    麺匠 るい斗
    住所 神奈川県横浜市港南区下永谷5-1-32
    電話 045-822-3392
    営業 (平日)11:30~14:30/18:00~22:00
        (土・日・祝)11:30~22:00
        ※各スープなくなり次第終了
    定休 火(祝日の場合は翌日。ただし翌日も祝日の場合は営業)
    駐車場 あり(店舗裏にniるい斗と共用17台)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。