ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    中華そば二階堂@九段下 「わんたんめん」「手もみイリコそば」
    nikaidou_out.jpg
    九段下の飯田橋寄りに2016年5月6日にオープンした清湯系のお店。

    nikaidou_menu.jpg
    店内はL字カウンター10席ほど、食券制。「中華そば」「イリコそば」「つけそば」「辛味噌らあめん」といったラインナップ。店主さんは和食の職人気質な雰囲気。店名が入った麺箱が置かれていますが、麺は外注のよう。水がステンレス製の厚みのあるタンブラーで出てきます。こういった演出はラーメンにもプレミアム感をもたらすように思います。

    nikaidou_wantanmen_1.jpg
    わんたんめん(850円)

    nikaidou_wantanmen_2.jpg
    9月9日(金)実食。丼は小ぶりで浅いもの。チャーシューは「イリコそば」が煮豚であるのに対し、こちらはピンク色をした低温調理です。

    nikaidou_wantanmen_3.jpg
    「中華そば」と同一と思われるスープは、鶏と魚介×生醤油、化学調味料不使用とのこと。生醤油のクセも強くなく、穏やかな味わい。

    nikaidou_wantanmen_4.jpg
    平打ちの麺はワンタンの皮のようなエッジが効いた食感が印象的。

    nikaidou_wantanmen_5.jpg
    わんたんは追加トッピングとしては120円ながら、「中華そば」と「わんたんめん」の価格差は100円というサービスプライス。

    nikaidou_wantanmen_6.jpg
    スープ同様、穏やかな味わい。

    nikaidou_irikosoba_1.jpg
    手もみイリコそば(780円)

    nikaidou_irikosoba_2.jpg
    こちらは10月5日(水)実食。

    nikaidou_irikosoba_3.jpg
    酸味やえぐみはなく、いりこのビター感が終始継続するスープ。こちらは動物系不使用、煮干しのみのようですが、最後まで飽きません。

    nikaidou_irikosoba_4.jpg
    平打ちの手揉み麺。前回も感じましたが、あといくらか躍動感が欲しいところ。

    nikaidou_irikosoba_5.jpg
    「中華そば」系統とは異なる煮豚タイプのチャーシュー。あてになりませんが、はちみつを使っているような仄かな甘味を感じました。

    「わんたんめん」「イリコそば」双方に共通して感じたのは、確実に美味しいものの、らーめんとしては優等生過ぎるというかすっきりし過ぎというかで、どこか心に響かないように思いました。個人的な好みで言えば、何かしらの一癖というか引っかかりが欲しいというところですが、一方で和食割烹のような店構えとはイメージがピタリ一致しているのも間違いなく、あとは何をらーめんに求めるか、好みの問題かとも思います。



    中華そば二階堂
    Twitter https://twitter.com/nikaido_kudan
    住所 東京都千代田区飯田橋2-3-7
    電話
    営業 11:30~15:00/18:00~21:00
    定休 日・祝
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ