ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スパイス・ラー麺 卍力@西葛西 「スパイス・ラー麺」
    manriki_out.jpg
    2014年5月に西葛西駅北側のビル&マンション街にオープンした「スパイス・ラー麺 卍力(まんりき)」。店主さんはカラシビ系のスパイスを巧みに使う神田の有名店「鬼金棒」のご出身、各方面で評判のお店です。

    manriki_menu_1.jpg
    券売機。メニューは「スパイス・ラー麺」一択で、「つけ麺」は以前はレギュラーだったようですが、現在はお土産対応のみ。

    薄暗く洗練された内装の店内はL字カウンター9席、また、電車のボックス席のような少し珍しいレイアウトのウェイティングシート(?)が6席ほど。店内では席数と同じくらいの人数が待てるようになっています。到着時は店内待ちだけでしたがたちまち行列は外へと延び、人気のほどが窺えます。

    manriki_menu_2.jpg
    店員さんに食券を渡すと「パクチーは大丈夫ですか」との確認あり。男性スタッフ3名体制、一見コワモテ風と思いきや(薄暗いから余計にね)実際には腰が低くきわめて丁寧な接客をなさいますし(それは常識のない来客相手にも変わることなく)、キビキビしていて皆さん男前だなぁ。札幌味噌のように中華鍋を力強く振り振りして完成です。

    manriki_ramen_1.jpg
    スパイス・ラー麺(780円)

    manriki_ramen_2.jpg
    14種類のスパイスを使用、スープは鶏・豚・魚とのこと。

    manriki_ramen_3.jpg
    んー、ベースのスープは結構さっぱりしているのか、ラーメンとして考えるともう少しコクとか厚み、出汁感が欲しいかなぁ。「新福菜館」のような「見た目と味のギャップ」を感じます。

    辛くはないのですが、代謝が良い人は汗だくになるでしょう(自分)。スパイスはカレーっぽいのとかトムヤムクンっぽいのとかいろいろで、インドとタイとベトナムあたりの混成チームといったところでしょうか。担々麺っぽさもありますが、担々麺と比べるとマイルド感が少ないのが大きな違いで、こちらはタイプ的には清湯の醤油ラーメンみたいかも。

    manriki_ramen_4.jpg
    麺は中太のポクッとした硬質のもの、スープとのバランスもあるのでしょうけど、全粒粉使用かと思うほど小麦の風味が際立っています。

    スパイスの世界の魅力は伝わりますが、辛さに強くない自分の舌ではスパイスに支配されてしまい、結果、ラーメンとしてはややイロモノに感じました。好きな人はやみつきになるのでしょうし唯一無二の存在ではありますが、個人的には一度食べれば満足かな。



    スパイス・ラー麺 卍力
    HP http://www.manriki.net/
    住所 東京都江戸川区西葛西3-16-5 スワームマンション 1F
    電話 03-6848-1346
    営業 (月~金)17:00~22:00
        (金・土・日)11:30~14:30/17:30~21:00
    定休 水(祝日の場合も休み)
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ