ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    自家製麺 麺屋 利八@京急川崎 「らぁめん」
    rihachi_out.jpg
    国道15号線・第一京浜沿いに2014年6月オープン。最寄駅は京急川崎駅で徒歩10分弱でしょうか。8月12日(金)訪問。店内はL字カウンター10席ほど、感じの良い店主さんお一人で切り盛り、券売機はなく後会計制。

    rihachi_ramen_1.jpg
    らぁめん(800円)

    rihachi_ramen_2.jpg
    濃淡2色に塗り分けられたスープが特徴的。

    rihachi_ramen_3.jpg
    手前の淡色側を啜ると一口目がユニーク、意外に動物系油脂ではなく醤油と旨味が先行、その後魚介が迫ります。

    rihachi_ramen_4.jpg
    奥の濃色部分は魚介をメインにしたオイルのよう。ベースはもちろん動物系でずっしり感もありますが、さらに魚介の鋭さが上回り、味わいの主翼を担っています。

    rihachi_ramen_5.jpg
    麺はスベスベパッツンとした極太のややちぢれた自家製。暴れるような力強さゆえ啜りにくくはありますが、スープに負けない強さを持っています。デフォで200gと結構な食べ応え。

    rihachi_ramen_6.jpg
    チャーシューは見た目通りシャウッとした食感。水菜が良い箸休めになります。丼の底には魚粉・煮干し粉がたっぷり。

    カテゴリとしてはいわゆる「濃厚豚骨魚介」だと思いますが、他にはあまりない味。こちらはオープン直後から葉月@雪が谷大塚に似ていると話題になりましたが、葉月を未訪問の自分でも特定のお店に似ていると指摘されるのが納得できるほど特徴ある一杯だと思いました。

    …と、ここまで書いて「どれどれ、葉月のらーめんとは…」と調べたら「似ている」どころかほぼ「同じ」なんですねぇ。魚介のオイルは鰹オイルだそうです。

    rihachi_menu_1.jpg
    「麺の取り分けお断り」「特品具(トッピング)」も葉月と同じ。

    rihachi_menu_2.jpg
    「海老辛らぁめん」も同様。つけ麺は葉月にはないみたい。

    rihachi_menu_3.jpg
    土曜夜、日曜日限定20食「あごそば」。

    rihachi_menu_4.jpg
    期間限定「完熟トマトらぁめん/つけめん」。つけ麺の方が安いのは珍しい。

    rihachi_menu_5.jpg
    夏期火~土曜限定10食「冷やしらぁめん」。醤油と塩が選べるみたい。

    rihachi_menu_6.jpg
    麺量は値段は変わりませんが小盛り(150g)も対応可。小が一般的な並の量ですね。



    自家製麺 麺屋 利八
    住所 神奈川県川崎市川崎区宮前町2-8
    電話
    営業 (火・水・金・土)11:30~14:30/18:00~21:30
        (木)11:30~14:30
        (日・祝)11:30~15:00/18:00~21:30
    定休 月曜、第1火曜
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。