ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    支那そばや本店@戸塚 「塩らぁ麺山水地鶏ワンタン」
    shinasobaya_out_4.jpg
    個人的な話になりますが、昨今、ここ支那そばやの「復刻塩らぁ麺」をはじめとして、 美味しいはずの塩らーめんに物足りなさ(淡さ)を感じる事が続きました。

    こうも続くとこれはらーめんが原因ではなく、元々危うい自分の味覚がさらに怪しいことになっているからに違いない…という仮説のもと、そのズレ具合を確かめるべく支那そばや本店をリベンジ訪問しました。8月16日(火)のこと。

    shinasobaya_siowantan_1.jpg
    塩らぁ麺山水地鶏ワンタン(980円)

    shinasobaya_siowantan_2.jpg
    心躍らせてくれるこの満載感。

    shinasobaya_siowantan_3.jpg
    スープをひと口すすって「あ、良かった」。クリアな中にも確かな動物系の厚みを感じさせてくれる好みの味。物足りなさはなく、「美味しいはずのモノ」がきちんと美味しく感じられて、ホッ。醤油が鶏豚なのに対し塩のスープは鶏のみ、でも豊かな味わい。とても美味しいです。

    「復刻塩らぁ麺」ではスープの中で浮いたように感じられた揚げネギも、しっかり一体感がありますね。

    shinasobaya_siowantan_4.jpg
    たっぷりのスープを纏った麺は全粒粉配合のもの。佐野氏の言葉に「麺は男、スープは女」というものがありますが、この一杯の中でも両者が互いを思いやるような円満な関係にあると思います。

    shinasobaya_siowantan_5.jpg
    そしてワンタンは皮、餡ともに上質で見事、満足度高し。「支那そばやは高い」などとも言われますが、内容を考えるとこれでトータル980円というのはむしろ安いくらいなんじゃないかと思います。

    話を戻しますが、こうして「現在進行形の塩らぁ麺」をいただいてみると、先般の「復刻塩らぁ麺」がさっぱりし過ぎに映ったのは創業当時の味を忠実に再現していた証であると同時に、30年の歳月の重みだったのだろうと改めて思います。

    いつの時代もスタンダードたるには変化・進化し続けなければならないこと。それを30年続けてきたこと。そのことを身をもって知る機会を与えてくれたことに感謝です。



    支那そばや本店
    HP http://www.nrfood.jp/
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081
    電話 045-827-3739
    営業 11:00~20:30(LO)(売り切れ次第終了)
    定休 不定休
    駐車場 なし(店舗両隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2016/08/12 復刻塩らぁ麺(期間限定)
    2016/07/15 絹腰和伊麺(醤油)(期間限定)
    2010/10/11 限定みそらぁ麺
    2009/01/11 醤油らぁ麺 白式部添え
    2008/11/28 塩金華豚チャーシュー
    2008/11/09 醤油らぁ麺+名古屋コーチン味付たまご
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ