ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺屋 庄太@金沢八景 「らぁ麺」
    shouta_hakkei_out_1.jpg
    津久井浜の店舗を一旦閉店し、国道16号線「六浦中学校入口」交差点そばの横横家跡地に2015年12月11日、鳴り物入りで移転オープン。2ヶ月後の2月にようやくの初訪問。外待ちがあるときは店内の券売機で食券を購入してから、列の最後尾につく決まりです。

    shouta_hakkei_ramen_1.jpg
    らぁ麺(700円)

    shouta_hakkei_ramen_2.jpg
    2月にいただいたものを現在まで記事にしなかったのは、もう一度いただいて結論を出したいと思っていたからなのですが、その機会を得られないまま半年が経過してしまいましたので観念した次第です。

    shouta_hakkei_ramen_3.jpg
    ド豚骨としては出色と言える、臭みや雑味のない洗練されたスープ。ただしこのときの自分はもっと荒々しさのあるものをイメージし期待していたのか、ある種の物足りなさを覚えたのが正直なところでした。

    shouta_hakkei_ramen_4.jpg
    津久井浜時代も、開店当初は凄みを感じさせる超重量級スープだったのが、徐々に均整の取れた多くの人にとって食べやすいスープに変化していったとブログにコメントをいただいたことがあります。

    shouta_hakkei_ramen_5.jpg
    例えるなら歌唱でも絵画でも書でも良いのですが、寸分の狂いもないものが尊いのは疑いようがないのですが、ちょっとヘタウマだったり、不器用さを感じさせるものにより魅力を強く感じることもありますよね。僕にとってらーめんとは、どちらかと言えば後者だと思いますし、こと豚骨らーめんに関して言えば、「豚骨らーめんに優しさはいらない」んだと思うんです。

    豚骨らーめんには「毎日食べられるような巧さ=クオリティの高さ」より、「当分食べちゃダメと思わせるくらいの偏った力強さ=惹きの強さ」があって欲しいと個人的には思うのです。もちろん常に行列が絶えない人気からも、自分のような意見は少数派だとは思うのですが、こちらのお店にはもっと凄みのあるものを期待しても良いのではないかと思うのです。

    shouta_hakkei_out_2.jpg
    なお訪問当時は22時閉店でしたが、その後20時閉店となり、現在は20時閉店が基本も日によっては15~16時閉店としているようです。人手不足で営業時間を短縮しているお店は少なくないですね。自分が独り身だったら是非働きたい…。



    麺屋 庄太
    HP http://menyashota.nomaki.jp/
    住所 神奈川県横浜市金沢区六浦1-12-17 ライオンズマンション金沢八景第二1F
    電話 045-780-3617
    営業 11:00~20:00
    定休 月
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ