ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店@高田馬場・西早稲田 「鶏白湯塩そば」
    kageyama_out.jpg
    自由が丘の中華料理・フカヒレ専門店「蔭山樓」のラーメン専門店として、2012年9月、馬場口交差点そばにオープンしたお店。

    kageyama_menu_1.jpg
    券売機。「鶏白湯塩味」「鶏白湯醤油味」「担々麺」「鶏白湯トマト味」「鶏ガラ透明スープ塩味」といったラインナップ。「鶏ガラ透明スープ塩味」以外はプチ御飯付き。

    P1180124.jpg
    「鶏白湯塩そば」のボタンを押したら出てきた食券に「半熟味玉鶏白湯麺」でと書かれていたので、「わっ、味玉付きを頼んじまったかー」と思いましたが、味玉、デフォで入るんですね。

    kageyama_menu_3.jpg
    店内はコの字型カウンター12席、ほぼ満席で数名程度の店内待ちは可、卓上調味料なし。接客は多少ぞんざいな印象あり。

    kageyama_toripaitan_sio_1.jpg
    鶏白湯塩そば(プチ御飯付き)(850円)

    kageyama_toripaitan_sio_2.jpg
    淡白な見た目になりがちな鶏白湯ですが、彩り豊かで華やかな盛り付け。

    kageyama_toripaitan_sio_3.jpg
    スープはギリギリまで攻めた塩加減、ベースは鶏ガラ・手羽先・手羽元あたりでしょうか。油分は少なく、ポタージュのように濃密な旨味がダイレクトに感じられます。これでもかと鶏エキスが凝縮されているので、人によっては多少のクセというか、臭みが気になるかも知れません。

    kageyama_toripaitan_sio_4.jpg
    麺は浅草開化楼のちぢれたプリプリの太麺、ですがコシが強すぎないのが好印象。

    メンマやチャーシューなどらーめんらしい具はなく、鶏のほぐし肉は出汁がらのようにも思えますが柔らかで食べやすいもの。薬味の揚げ葱や鶏皮、柚子皮などがアクセントになっています。

    kageyama_toripaitan_sio_5.jpg
    「プチ御飯」はグラスとの比較でお分かりいただけるか分かりませんが、本当にプチサイズ。

    kageyama_toripaitan_sio_6.jpg
    これをスープに投入することで漏れなくスープまで完食させてしまうスタイル。作り手としてはやはりスープまで平らげてもらいたいですよね。

    kageyama_menu_2.jpg
    差別化が図りにくい鶏白湯カテゴリーにおいて、スープにとことんコストと時間をかけた「スープ命」の一杯だと思いました。



    鶏白湯麺 蔭山 高田馬場店
    住所 東京都新宿区高田馬場1-4-18
    電話 03-6457-3160
    営業 11:00~23:30(L.O)
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ