ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【限定メニュー】 支那そばや本店@戸塚 「絹腰和伊麺(醤油)」
    shinasobaya_out_4.jpg
    7月13日(水)のこと。支那そばや30周年企画の人気投票で1位に輝いた「絹腰和伊麺(醤油)」が、この11日より期間限定で復刻販売されているということで久しぶりに支那そばや本店を訪れました。

    20160715001.jpg
    投票結果は「八戸麺道大陸」「石臼挽き麺」を抑えて「絹腰和伊麺(醤油)」が1位でした。

    shinasobaya_menu_2.jpg
    券売機。「醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」「鮭だしらぁ麺」「ざる中華」等。

    店内はカウンター8席+テーブル3卓12席、12時半過ぎで6~7割程度の入り。接客についてはホール担当は客への声かけやお冷やの注ぎ足しなどに積極的ですし、調理場からもしっかり声が出ています。少し高めの価格帯ゆえか、はたまたかつての佐野氏の言動ゆえか厳しい目を向けられがちな同店の接客ですが、頑張っている印象です。

    shinasobaya_kinugoshiwaimen_1.jpg
    絹腰和伊麺(醤油)(1,100円)

    shinasobaya_kinugoshiwaimen_2.jpg
    2000年6月に発売されたメニューの復刻版、2004年9月まで販売されていたようです。ただし値段までは当時のままではないはず(笑)。

    私は当時を知らないのですが、2010年にG麺7@上大岡でデュラムセモリナ粉を使用した「冷たいつけめん」のリリースをきっかけにその存在を知ったものの、その名を刻まれたままになっていましたので嬉しい再販です。

    shinasobaya_kinugoshiwaimen_3.jpg
    スープはすっきりした中にもコクキレが健在、中華そばの理想形と言っても差し支えないほどの思わず唸るような美味しさ。作り手の理想を感じます。

    shinasobaya_kinugoshiwaimen_4.jpg
    一方、今回の肝である麺は「イタリア産パスタ用小麦粉『デュラムセモリナ粉』と国産強力粉『スーパーハルユタカ』をブレンド、パスタ寄りでも中華麺寄りでもない独特の食感」とのことでしたのでもっとツルッパツッとしているかと思いきや、かなり普通。

    これについては日頃レギュラー麺を食べていないせいかとも思いましたが、人気投票の2位・3位を召し上がった知り合いの方も「2位・3位はかなり美味しかったが、今回は何かの間違いかと思うくらい『?』だった」とおっしゃっていました。

    shinasobaya_kinugoshiwaimen_5.jpg
    もちろんそう感じるのは今が2016年だからで、当時は革新的だったのかも知れません。ただ当時を知る人からも「そう言われればパスタっぽいかもというくらいで、レギュラー麺と大きく違うわけではない」と伺いましたので、そういうものなのかも知れません。

    戸塚本店は「1日30食限定」、ラー博店は「1日50食限定」で7月31日までの提供です。



    支那そばや本店
    HP http://www.nrfood.jp/
    住所 神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4081
    電話 045-827-3739
    営業 11:00~20:30(LO)(売り切れ次第終了)
    定休 不定休
    駐車場 なし(店舗両隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2010/10/11 限定みそらぁ麺
    2009/01/11 醤油らぁ麺 白式部添え
    2008/11/28 塩金華豚チャーシュー
    2008/11/09 醤油らぁ麺+名古屋コーチン味付たまご
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。