ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん福籠@浅草橋 「味噌」
    fukurou_asakusabashi_out.jpg
    浅草駅東口至近のお店。「福籠」と書いて読みは「フクロウ」、印籠の「ロウ」ですね。5月27日(金)訪問。

    以前から訪問機会を伺っていたお店ではありましたが、せっかくなら大島@船堀と比較出来た方が面白いかもと思い立ち、大島の初訪問後、急遽足を延ばしました。と申しますのもこの2店は大島が2013年5月オープンなら、こちらは同6月オープン、大島がすみれ@札幌の出身なら、こちらはすみれ京都店(現在は閉店)のご出身という密接な(?)関係にあります。

    fukurou_asakusabashi_menu.jpg
    券売機。「味噌」「醤油」「塩」「昔風(夜限定)」というメニュー展開も、大島との共通項多数。店内はカウンター8席+テーブル5卓10席。お冷やが大ぶりの金色のやかんに入れられていたりとか、厨房が一段高くなっていて客席から様子が窺えないのも含め大島と同じなのですが、それよりも両者がすみれのアイデンティティを継承していると言った方が正しいのかも知れません。

    fukurou_asakusabashi_miso_1.jpg
    味噌(720円)

    fukurou_asakusabashi_miso_2.jpg
    盛り付けは紛うことなき純すみ系のそれ。

    fukurou_asakusabashi_miso_3.jpg
    大島をベンチマークとしますとこちらはブラックペッパーが立っている、にんにくはそこまで強くない、甘味が少ない、味噌の発酵感・熟成感が少ない…といった相違が感じられましたが、食べる順序が逆ならまた違う感じ方になりそうなのでアテになりません。

    fukurou_asakusabashi_miso_4.jpg
    麺は開化楼の低加水のカチッとしたもの、スープとの親和性は低いですが現代的ではあり、いかにも札幌味噌然とした大島のものとどちらが良いかは好みの問題でしょう。

    全体的には安定の仕上がりで、あとは食前の先入観が「純すみ系」であれば「コレジャナイ感」、逆に広義の「札幌味噌」のイメージであれば違和感なく、といったところではなかろうかなどと思いました。



    福籠
    住所 東京都台東区柳橋1-13-4 丹羽ビル1F
    電話 03-5829-6358
    営業 11:00~15:00(14:30LO)
        18:00~22:00(21:30LO)
    定休 日
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。