ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【新店】 麺屋 悠@大久保 「肉ワンタンメン」
    yuu_okubo_out.jpg
    2016年6月1日オープンの新店。ネット情報によれば店主さんは「たんたん亭」系の「かづ屋」「はやしまる」での修業経験ありとのこと。オープンの祝花はその両店と「大栄食品」から贈られたようで、プレートが飾られていました。

    6月10日(金)の12:50着、店内はL字型カウンター7席、先客2名、後客なし。すぐ近所の「地獄の担担麺 護摩龍」は外まで並んでいるだけに、オープン特需がひと段落としても寂しい状況。店主さんとパートのご婦人の2名体制、良く言えば初々しい、裏を返せばぎこちなさも感じさせる客捌きです。

    yuu_okubo_menu.jpg
    券売機。「支那そば」「味噌そば」「辛味噌そば」「ミニカレーセット」など。「ミニカレーセット」はランチだと250円、それ以外だと350円ですが、どちらのボタンも押せるようになっていたのが気になりました。

    yuu_okubo_nikuwantanmen_1.jpg
    肉ワンタンメン(900円)

    yuu_okubo_nikuwantanmen_2.jpg
    「肉ワンタンメン」をてっきり肉(=チャーシュー)とワンタンがトッピングされたメンだと思い込んでいたのですが、そうではなく「肉のワンタン」が入ったメンでした(「海老ワンタン」とかではないよ、という)。少し考えてみれば分かることですが、肉+ワンタン増しを所望なら「チャーシュー肉ワンタンメン」を注文しなきゃですね。

    yuu_okubo_nikuwantanmen_3.jpg
    乾物魚介×動物清湯と思われるスープは魚介が先行、煮干しと鯖節あたりかと思いますが、燻したような香ばしさが立っています。それに対して動物系の存在感は希薄で、油分は極めて少なく、よって冷めるスピードが早めです。今どきめずらしいくらい単層的なシンプルなスープです。

    yuu_okubo_nikuwantanmen_4.jpg
    麺は低加水寄りの細縮れ麺、芯を感じさせる茹で加減で、量は結構多めに感じられます。淡いスープに対してこれまた味気ない麺で正直退屈かな。色白の麺にところどころ斑点状に見える黄色っぽいものは何でしょうか。小麦の表皮だったりするのかな。

    yuu_okubo_nikuwantanmen_5.jpg
    蜂蜜を塗ってオーブンで焼き上げたという、縁が赤い焼豚チャーシューは味自体は美味しいのですが滅茶苦茶硬く、せっかくの厚みが仇になっている感じ。チャーシュー増しでなくて結果オーライ。

    yuu_okubo_nikuwantanmen_6.jpg
    ワンタンも大きめなのは良いとしても、もう少し華が欲しいところ。

    全体的に洗練されていない分、好意的な意味での手堅さや安心感につながるところまで届いていない感じではありました。真面目になさっているのは間違いないのでむしろ今後の進化が楽しみです。



    麺屋 悠
    住所 東京都新宿区百人町1-23-11 土田ビル別館1F
    電話 03-3365-5656
    営業 11:30~15:00頃(売切れ次第終了)
    定休 日
    駐車場 なし

    麺屋 悠ラーメン / 大久保駅新大久保駅西武新宿駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.0

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。