ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    自家製麺 KANARI@和田町 「うおだしそば淡麗・塩」
    kanari_out.jpg
    3月16日(水)訪問。国道16号沿い、和田町駅近く、横浜新道との立体交差部のすぐ近くに2016年1月6日にオープンしたお店。「中華そば」が小田原系インスパイアだとして、マニアの間で話題になったり。明るくオープンな雰囲気の店内はカウンター6席+テーブル3卓9席、食券制。

    kanari_menu.jpg
    「中華そば」はスープが安定せず一時期販売を見合わせていたようですが、復活していました。が、よく見れば「日替わりスープ」とのこと。「KANARI辛いつけ麺」は新メニューかな。初訪問でもありますので、素直に券売機左上「うおだしそば」から行くことに。麺大盛りと替え玉が同居するのはめずらしい気がします。

    食券を渡すと「淡麗orこく旨」「醤油or塩」の別を確認されます。選択肢も多ければ良いというものではないので、これは良し悪しかなと。

    kanari_uodashitanrei_sio_1.jpg
    うおだしそば淡麗・塩(700円)

    kanari_uodashitanrei_sio_2.jpg
    野菜と貝を中心に動物系スープを加え、さらに6種類の鰹節と煮干しを加えたすっきりとした清湯スープとのこと。

    kanari_uodashitanrei_sio_3.jpg
    前半煮干し、後半鰹節の味わいで、誤解を恐れずに言えば「にんべん」の無添加のだしパックによく似た味。動物系は控えめ。

    kanari_uodashitanrei_sio_4.jpg
    自家製という麺は低加水でカチッと硬め、色白で断面角の中細麺。

    「うおだし」と言っても鮮魚系ではありませんが、トッピングなどは鮮魚系のお吸い物のようなアプローチ。サイドメニューに「だしのきいた茶漬け」(300円)というのがあるのですが、印象としてはお茶漬けとダブるものがあります。

    アルコール類がラインナップされており、なおかつ深夜までの営業とあって飲めるらーめん屋的な使い方もできるお店ですが、らーめんはラインナップ自体も含めて改善の余地がありそうにも。「淡麗・塩」という今回の選択が極めて「シメの一杯」寄りだったのかも知れませんが、もう少しアピールするものが欲しいところです。



    自家製麺 KANARI
    住所 神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-11-26
    電話
    営業 11:00~25:30
    定休 日
    駐車場 あり(店舗左隣3台)

    自家製麺 KANARIラーメン / 和田町駅星川駅上星川駅

    夜総合点★★★☆☆ 3.3

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ