ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    つじ田 奥の院@飯田橋 「煮干しつけ麺並」
    tsujita_okunoin_out_2.jpg
    「めん徳二代目つじ田 飯田橋店」の真裏(棟続き)に、2014年4月にオープンしたお店。3月11日(金)、通算2度目の訪問。

    ちなみに11:30時点で隣の「つじ田 味噌の章」は外待ち多数、つけ麺の「めん徳 つじ田」は待ちなしということで、たまたまかも知れませんが「味噌の章」の方が人気店になるとは隔世の感です。単に「めん徳~」の店舗数が増えたからかも知れませんが。

    tsujita_okunoin_menu_2.jpg
    初訪時にはなかったつけ麺が追加されていましたので、そちらを選択。

    tsujita_okunoin_niboshitsuke_1.jpg
    煮干しつけ麺・並(880円)

    tsujita_okunoin_niboshitsuke_2.jpg
    緑色ががって見えるつけだれは油脂感控えめで、セメントのような見た目に反してシャバ寄り。煮干しはしっかり、あくまでもえぐみや苦味も「旨味」と捉えられる人向けだとは思いますが、適度なビター感ではないでしょうか。

    tsujita_okunoin_niboshitsuke_3.jpg
    三河屋製麺の麺は麺線長く透明感あるツルツルシコシコの多加水中細麺。こう来るか、という意外性あるもの。

    tsujita_okunoin_niboshitsuke_4.jpg
    つけ麺らしいインパクトや変化には欠けますが、日本蕎麦のもりそばのような気取らなさや親しみやすさを覚える味わいではあります。

    tsujita_okunoin_niboshitsuke_5.jpg
    つけだれ側にハムっぽいチャーシューがゴロゴロと。

    これで「煮干しそば」と「煮干しつけ麺」両方いただいたことになりますが、再訪問があったとしてそのときも「そば」と「つけ麺」の二択なら「つけ麺」を選びそうに思います。余談ですが帰り際にふと、つじ田が以前、「我流そば つじ田(蕎麦作 つじ田)」という日本蕎麦のお店を出していたことを思い出しました。



    つじ田 奥の院
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    営業 11:00~23:00(売切次第終了)
        (土・日・祝)11:00~21:00(売切次第終了)
    定休 不定休
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2014/06/13 煮干しそば並
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ