ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ばりかた屋 早稲田店@早稲田 「白(ノーマル)」
    barikataya_out.jpg
    2月16日(火)訪問、早稲田通り沿いに2015年12月1日オープンしたお店。あくまで推測ですが、おそらくそれまで同所にあった「ちりめん亭」からのリニューアルで、経営者は変わっていないのではないかと思われます。

    このリニューアルには「ちりめん亭」の運営会社の子会社株式を株式会社モスフードサービスが他社(株式会社ケンコー)に譲渡したことが背景にありそう。「ばりかた屋」は株式会社ケンコーのブランドで、店舗はここ以外に与野や武蔵小山などにあるようです。

    barikataya_menu_1.jpg
    店内はL字型カウンター13席、先客7名、後客3名、食券制。客層はちりめん亭時代からの常連であったであろう中年から年配にかけての男性客が大半です。

    P1170090.jpg
    おかわり自由のライスが終日無料。一方、ラーメンの無料トッピングは紅生姜、辛子味噌、おろしニンニク、白ゴマ等で、高菜は有料トッピング(130円)です。

    barikataya_shiro_1.jpg
    白(ノーマル)(690円)

    barikataya_shiro_2.jpg
    具はチャーシュー、キクラゲ、高菜、白ゴマ、青白の刻みネギ。

    barikataya_shiro_3.jpg
    茶濁したスープは臭みはなし、力強さこそありませんが旨味が強すぎることもない、当たり障りのない博多系豚骨。特別テンションが上がることもありませんがこの系統に対するこだわりが強くない自分には普通に美味しく食べられて、ちりめん亭より好み。

    barikataya_shiro_4.jpg
    麺はオーソドックスな細ストレート。

    P1170099.jpg
    スープが残ったら無料のライスを投入、ブラックペッパー等卓上にあるものでアレンジして美味しくいただきました。これでラーメンが一杯690円ではなく、650円からだったら印象がかなり違うんだけどなぁ、ってライス無料なのにあまりぜいたくも言えませんが。

    店主さんは必要最低限といった接客でしたが、パートタイマー風の女性が笑顔で元気が良く好印象でした。ランチタイムにこういった人がいるといないとではお店側もそうでしょうが、客にとっても大違いです。

    barikataya_menu_2.jpg
    なお、麺の硬さは6段階から指定可能です。



    ばりかた屋 早稲田店
    住所 新宿区早稲田町7
    電話 
    営業 (平日)11:00~15:00/17:00~23:00(22:30LO)
        (日・祝)11:00~23:00(22:30LO)
    定休 水
    駐車場 なし

    ばりかた屋 早稲田店ラーメン / 早稲田駅(メトロ)早稲田駅(都電)若松河田駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.3

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ