ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    【限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「タコまぜそば type(温)」始まりました!
    romenzu_takomazesoba_11.jpg
    ロ麺ズ@弘明寺では、2月28日(土)夜から新たな限定メニュー「タコまぜそばtype(温)」が始まっています!(※POPの丼にG麺7と印刷されていますが、ロ麺ズでの提供です。)

    romenzu_takomazesoba_1.jpg
    タコまぜそば type(温)(900円)

    romenzu_takomazesoba_2.jpg
    今回はタコスをイメージした「タコライス」ならぬ「タコそば」。後藤店主の言を借りれば、「ピザそばじゃないよ、タコそばだよ」と。

    その「ピザそば」とは、フリークには説明不要と思われるajito ism@大井町の代表作なわけですが、実際には当初からピザそばを意識していたわけではなく、「メキシカンなまぜそばをやりたい」という構想を形にしたところ、なんとなくピザそばを連想させるものが出来上がった、というのが事の真相。

    romenzu_takomazesoba_3.jpg
    言うなれば、イタリアとメキシコは無関係の国同士なのに国旗の色使いが似通っているのと同じようなことかも知れません(豆知識…なのか?)。

    そんな生い立ちを「タコそば」の語呂の良さと共に後藤店主らしくキャッチーに表現したのが前述の「ピザそばじゃないよ、タコそばだよ」発言ではなかろうかと。

    romenzu_takomazesoba_4.jpg
    サルサソースおよびトッピングにはトマト、玉ねぎ、パプリカ、ピーマン、レタス等々、7種類の野菜を使用(オリーブも入れるなら8種類)。ひき肉は汁無担々麺とは異なり牛ひきを使い、独自にブレンドしたメキシカンスパイスで味付け。麺の下には伸びの良いモッツァレラスライスが忍ばせてあります。

    盛り付けの最後にあしらうラー油色の辛味オイルもオリーブオイルベースで、一見共通点がありそうな汁無担々麺との重複部分はほとんどなし。「タコそば」にあやかってドンタコスや茹でタコの切り身をトッピングしちゃうセンスは後藤店主の真骨頂といったところ。タコはご想像通りロ麺ズお向かいの魚屋さんからの仕入れ、ただのダジャレではなく唯一のシーフードとして実に効果的な変化をもたらしています。

    …いずれ秋刀魚を乗せたサンマーメンも作ってくれるかな?

    romenzu_takomazesoba_5.jpg
    まぜそばですから、よく混ぜていただきます。軽快に混ざります。

    romenzu_takomazesoba_6.jpg
    麺はらーめん塩で使われている断面が角形状の中細麺、麺量は160g。平打ちではソースを持ち上げすぎてしまうし、断面が丸では絡まない(滑り落ちてしまう)ことによるチョイス。

    うん、理屈抜きで美味しい!このところ出汁やカエシにこだわった限定が続いていただけに、難しいこと抜きで食べさせてくれる久々の限定で、楽しい!これぞ後藤流の「ジャンク」ですね。

    romenzu_takomazesoba_7.jpg
    ソースは余ってOK!

    romenzu_takomazesoba_8.jpg
    食べ終わりそうなタイミングで供される、〆のスープ with 一口ライス。このスープが塩ダレに粉チーズ(パルメザンではなく「グラナパダーノ」)を溶いたもの。

    romenzu_takomazesoba_10.jpg
    それを余ったソースに投入しリゾット風にしていただくのですが、元のサルサソースと〆のスープの双方にチーズを使うことで両者がより調和し、一体感や連続性を感じられようになっているのが「らしい」仕掛けです。

    既存のものはほとんど使われていませんし、これでトータル900円は満足感が高いと思います。ボリューム感はあるけれどしつこくないのは液体油が前述の辛味オイルだけというのもありますが、炒めたひき肉の脂をしっかり切るなどのメキシコ料理に準じた丁寧な仕事の賜物でもあります。メキシコ料理ってそういうものだそうですね。

    分かりやすいですし、おやつ感覚で食べられる遊び心溢れた楽しい一杯です。それでいてラーメンらしさを失わない工夫も施されており、古くからのファンにとってはこういった創作系こそ後藤店主らしいと感じるのではないでしょうか。

    後藤店主はこの系統をして「売れない系」と卑下していましたが、フリークからファミリーまで幅広く支持されるポテンシャルはあると思いますので、後藤店主が考え直してくれるくらい注文が入れば良いなぁ、と個人的には思っています。そうでないと短命で終わってしまいますし、まぜそばの立ち位置がますます危うくなるので…。

    ちなみに辛さの目安としては、ドンタコスが食べられるなら大丈夫なくらいです(笑)。

    【おまけ】
    susurimasenka_nukaduke_1.jpg
    ロ麺ズ製ぬか漬け(150円)も好評発売中、後藤店主の自信作です。



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2016/02/15 蛤浅利の正油そば・味噌バージョン(期間限定)、らーめん味噌
    2016/02/03 蛤浅利の正油そば(期間限定)
    2016/01/08 年越しそばもどき(らーめんです)(醤油)(期間限定)
    2015/12/16 汁無担担麺Sサイズ、汁無味噌担担麺(試作)
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。