ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    自家製中華そば としおか@早稲田 「ラーメン並」
    toshioka_out_1.jpg
    東京メトロ早稲田駅1番出口から早稲田通りを西へ400mほど、弁天町交差点のそばに2015年5月18日にオープンしたお店。店主さんは閉店したべんてん@高田馬場からの独立。2016年1月26日(火)訪問、11:10着で外11名待ち、11:50入店、12:00提供、12:10退店。実は後日訪問したときも外11名待ちで、並び始めから退店までがちょうど1時間でしたので、「11名待ちで帰るまで1時間」は一定の目安になるかも知れません。

    toshioka_menu.jpg
    メニューは「ラーメン」「つけめん」「塩ラーメン」のそれぞれ並・中・小とトッピング。 麺量は茹で前で、並250g、中350g、大盛650g、特盛1000g、小盛150g。店主さんのワンオペのため高額紙幣の両替は断る場合があるとのことで、千円札または小銭の用意を。 店内はカウンター8席、食券制。BGMはなく無音の中、麺を啜る音が響きます。

    toshioka_ramen_1.jpg
    ラーメン並(800円)

    toshioka_ramen_2.jpg
    味の濃い薄いがあれば調整してくれる旨を告げられての提供。

    toshioka_ramen_3.jpg
    スープはクラシカル感も覚える動物魚介系(豚骨魚介系)の醤油味。たっぷりの量。煮干しや節類といった魚介乾物系や醤油ダレの旨味が先行、とろみをまとったまろやかで厚みのある動物系がそれを支え、時には包み込みます。奥行きがあり、なおかつ後味がすっきりとした均整の取れた味わいですが、変化に乏しくやや単調な面も。酢や豆板醤といった卓上調味料を効果的に使うと良さそうです。

    toshioka_ramen_4.jpg
    平ザルで湯切りされた自家製の麺はツルモチで適度なコシのある中太麺。小麦粉の個性は敢えて抑えたような奇を衒わない風味で、バランス良く、ナチュラルにスープと馴染みます。表面は滑らかで啜り心地は良いですが、中はポクッしているので、喉越しを楽しむというよりはモグモグと咀嚼する感じ。

    toshioka_ramen_5.jpg
    立派な肩ロースのチャーシュー、たっぷりのメンマにサービス精神の一端を垣間見るようです。

    toshioka_out_2.jpg
    一杯ずつレンゲで味見をしながら丁寧なオペレーションをこなし続ける店主さん、にこやかさもある腰の低い方ですが、客のイレギュラーな要求や言動に対しては一転して怒気を帯びた口調になったりも。1日3時間のみの営業とはいえ、完全に一人で大勢の客を捌くわけですから大変だと思います。



    自家製麺 としおか
    住所 東京都新宿区弁天町20-102
    電話 
    営業 11:00~14:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    自家製中華そば としおかラーメン / 早稲田駅(メトロ)牛込柳町駅神楽坂駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.7

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ