ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    町田汁場 しおらーめん 進化@町田「しおらーめん」
    shinka_out_1.jpg
    12月11日(金)訪問。2007年オープン、店主さんはせたが屋ブランドの塩専門店「ひるがお」出身、現在「TRYラーメン大賞 名店部門 しお」で2連覇中の押しも押されもせぬ塩らーめんの名店です。

    shinka_menu_1.jpg
    開店10分前に到着しましたが、平日ということもあってか待ち客なしという静かなオープン。ロックテイストの装飾が施された店内は一直線のカウンター9席、食券制。「一杯のバランスを考慮し、らーめんの大盛り、替え玉等は行っておりません」の注意書きあり。

    shinka_menu_2.jpg
    麺メニューは「しおらーめん」「煮干塩(らーめん)」「白醤油らーめん」「ゆずの辛塩麺」の4種。鶏、豚骨、煮干しの3種類のスープを用意しているようです。

    店主さんは不在…ではなく、店舗の向かいに出来た製麺室で製麺されており、スタッフの方が調理を担当。製麺室はこの11月から稼働を開始し、従来のあさひや製麺の物から自家製麺に切り替えたそうです。

    shinka_sioramen_1.jpg
    しおらーめん(700円)

    shinka_sioramen_2.jpg
    すっきりとした潔いルックス。

    shinka_sioramen_3.jpg
    黄金色に透き通ったスープは、地鶏の丸鶏+ガラ(+ゲンコツ?←TRY本には記載あり)+焼きあごのスープに、5~6種類の塩をブレンドした塩ダレを合わせたというもの。ファーストインパクトは鶏ですが後からじわじわと魚介が効いて来ます。

    その味わいは盛り付けと同じく徹底的に無駄を削ぎ落としたような淀みなさの極みとも言うべきもので、「すっぴん」という形容詞(?)がしっくり来ます。出汁は元よりスープの苦味や辛味等、雑味は一切感じられませんし、表面を覆う鶏油さえさっぱりしている印象です。攻めたところは感じられませんが不足感もなく、レーダーチャートで言えばきれいな正五角形を描きそうな端正な仕上がり。また、食べ終わりの最後のひと口に照準を合わせているようにも感じられます。

    shinka_sioramen_4.jpg
    店舗向かいの製麺室で打たれた色白しなやかな中細麺、こちらもナチュラルで「すっぴん」な味わい。具は低温調理の豚肩ロース、メンマ、青ネギ、白ネギ。

    shinka_out_2.jpg
    繊細なバランスを狂いなく成立させた洗練された味わいで、毎日朝食代わりにでも食べられそうな、身体に自然と溶け込むような一杯でした。

    ただ、絶対的に美味しいには違いなく「ナンバーワン」ではあるかも知れないけれど、敢えて意地悪を言うなら、「オンリーワン」のワクワク感に欠けるようにも感じました。その点、同じような淡麗系の塩で言えば例えば地球の中華そば@伊勢佐木長者町の方が遊び心があると思いますし、食べ手への歩み寄りが感じられて個人的には好みではあります。

    P1160412.jpg
    駐車場は店舗裏のA~Dの4台分です。



    町田汁場 しおらーめん 進化 本店
    住所 東京都町田市森野3-18-17 WING森野103
    電話 042-705-7122
    営業 11:00~15:00/18:00~21:00
        (日・祝)11:00~17:00
    定休 月(祝日の場合は翌日)
    駐車場 あり(店舗裏指定場所4台)

    進化ラーメン / 町田駅古淵駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.7

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。