ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    ロ麺ズ@弘明寺「汁無担担麺Sサイズ」「汁無味噌担担麺(試作)」
    romenzu_out_1.jpg
    11月21日(土)、地球の中華そばからの連食で訪問しました。13時前でほぼ満席状態と、オープンから3ヶ月が経ち認知度も上がっている様子が伺えます。

    この日の狙いは汁無担担麺。以前より辛さが増していると聞いていたこと、味噌バージョンを開発中と聞いていたこと、連食には都合の良い小盛(Sサイズ)があること、コンビニのスリーエフで販売されている(いた)こと、その日いただいた鶏喰の限定の感想を伝えたかったこと等々、あらゆる条件が重なっての訪問となりました。

    romenzu_shirunashitantanmen_Ssize_1.jpg
    汁無担担麺Sサイズ(600円)

    romenzu_shirunashitantanmen_Ssize_2.jpg
    こちらはオープン当初にいただいて以来ご無沙汰でした。元ネタはG麺7で限定提供された「成都式寄り担々麺」なのはご存知の通り。G麺7での提供時やロ麺ズのオープン当初は辛さよりも香辛料の奥深い旨味とゴマ(一般的な練りごまやごま油は不使用とのこと)のクリーミーさが心地良く、辛さは後から効いてくる印象でした。

    romenzu_shirunashitantanmen_Ssize_4.jpg
    が、それも過去のこと。「最近は結構辛いよ」と聞いていましたし、スリーエフ製品のパッケージに「辛さに優しさはいらない」と謳っただけはあります。猛烈に山椒が効いていて容赦なく辛痛い!&痺れる!

    正直に「これはやり過ぎです(笑)」と後藤店主に告げたところ、「そっかなー、最近はこのくらいじゃないと満足できないんだよねー」といたずらっぽく笑っていらっしゃいましたが、自分は以前のゴマのマイルド感が効いていた「辛い中にも優しさがある」方が好みでした(´∀`;)ゞ

    romenzu_shirunashitantanmen_Ssize_3.jpg
    中途半端なアングルですが、辛そうなタレ(ラー油)を撮りたかったはずです…

    そして後日。

    romenzu_shirunashitantanmen_miso_sisaku_1.jpg
    汁無味噌担担麺(試作)

    そういう意味でこちらは味噌の甘味もありますしもやしやトマトも「優しさ」となっています(このときは試験的に蕪も使っていました)。が、後藤店主もそれっぽいことをおっしゃっていましたが途中から妙にカレー風味が恋しくなり、味噌よりむしろ「汁無メキシカン担担麺」で食べてみたい欲求に駆られてしまいました。それって「サルサ DE アミーゴ!」なのかも知れませんが…。味噌バージョンの商品化にはもう少し時間がかかるのかも知れません。

    【おまけ】
    20151216001.jpg
    汁無担担麺に関するスリーエフのプレスリリースです。



    ロ麺ズ
    住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2015/12/09 蕪の塩つけ麺(期間限定)
    2015/11/24 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/10/20 本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(期間限定)
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。