ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らーめん破顔 桜台本店@桜台 「汁なし」
    hagan_out.jpg
    桜台駅北口のほど近くに2008年4月にオープンしたお店。桜台の他にも「らーめん破顔おおびる(江古田店)」「汁なし破顔(大塚店)」と系列店がありますが、そちらを含めても初訪問です。知人が「汁なしNo.1」と評していたこともあり、長らく宿題店になっていました。14:15到着で店内カウンター7席は満席、外待ち2名でしたがすぐに入店できました。

    hagan_menu.jpg
    券売機。店名は「らーめん破顔」ですが、メニューは汁なしとつけめんだけで、訪問時は「らーめん」はなし。ホームページ上では「つけめん」の下に表記が残っています。

    hagan_shirunashi_1.jpg
    汁なし(並)(650円)

    hagan_shirunashi_2.jpg
    その名称の通りのスープOFFスタイルの一杯。

    hagan_shirunashi_3.jpg
    山盛りの白ネギを移動してみると、節粉を纏った太麺が姿を見せました。

    hagan_shirunashi_4.jpg
    よーくまぜまぜして、それではいただきます。

    タレは濃厚魚介豚骨醤油を煮詰めたようなテイストで甘味旨味の効いた化調全開の味わいですが、この悪びれないストレートなジャンク感がなかなかに魅力的。タレが麺に絡みつくことソースのごとしで、ワシワシと食べさせるモチモチの太麺の力強さと相まってやみつきになりそうです。

    また、白ネギのシャキシャキ感や甘味、魚介節のフレーク感がジャンク感を増幅させています。一見過剰に見えなくもないそれらの分量も見事に適量で、「見た目に似合わず」と言ったら失礼ですが、飽きずに食べさせる工夫に隙がありません。卓上酢も相性抜群、さらなる食欲を刺激します。

    hagan_shirunashi_5.jpg
    サイコロ状の炙りチャーシューが香ばしくトロリとしており旨し!

    B級グルメ的な食べ物としてかなりのパンチと中毒性を備える同時に、「作り手自身が好きなんだろうな」という当たり前のようで意外とそうでもないことが伺えるような一杯でした。



    らーめん破顔 桜台本店
    HP http://ramenhagan.com/
    住所 東京都練馬区桜台1-5-11
    電話 03-6383-3165
    営業 11:30~15:00/18:30~23:00
        (日・祝)11:00~16:00/17:00~20:00
    定休 無休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    破顔油そば / 桜台駅新桜台駅練馬駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.5

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。