ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    らぁ麺 美志満@桜台 「塩らぁ麺」
    mishima_out_1.jpg
    11月7日(土)2軒目。桜台駅南口から江古田方面へ100mほどのところに2012年5月オープン、ラーメンデータベースによれば店主さんは「塩そば専門店 桑ばら」「鶏そば専門店 前略。まるきゅう」「麺屋はつがい朝霞店」「室壱羅麺」を経て独立開業、とのこと。

    mishima_menu_1.jpg
    13:40着でカウンター8席は満席、外待ち2名。こちらは店内の券売機で食券を買い求めてから外に並ぶ決まり。

    mishima_menu_2.jpg
    卓上おしながき。店頭のA看板には「塩らぁ麺」と「魚介塩らぁ麺」が同店の2大看板と書かれていました。醤油は魚介と牛脂という「意外な組み合わせ」とのこと。

    mishima_menu_3.jpg
    トッピング&サイドメニュー。券売機にはこの他に「燻製醤油のたまごかけご飯(200円)」のボタンあり。単なる「玉子かけごはん」より「燻製醤油~」の方が安いので不思議に思うところですが、玉子以外の具材の有無がその理由だそうです(店主さんのブログに言及あり)。

    mishima_menu_5.jpg
    これからいただく「塩らぁ麺」のスープは、動物系は豚の背ガラのみ、プラス少量の香味野菜、日本酒。

    mishima_menu_4.jpg
    塩ダレは塩3種をブレンド、白醤油、ホタテ、イタヤ貝、昆布、干し椎茸、日本酒等を使用とのこと。油は親鶏の脂だそうです。

    mishima_sioramen_1.jpg
    塩らぁ麺(750円)

    mishima_sioramen_2.jpg
    まずはザーサイに目が釘付けになりました。めずらしい!さりとて同じようなポジションのメンマが省略されているわけでもなく、かなり具だくさん。美味しそー!

    mishima_sioramen_3.jpg
    豚の背ガラメインの澄んだスープに鶏油でコクだし…、とここまでは想定内でしたが、甘い…?この自然な甘味の元は…、白醤油や日本酒、香味野菜等いろいろ考えられますが、メインはホタテやイタヤ貝のように思います。それらをここまでふんだんに効かせているスープもめずらしく、個性が光ります。この甘味が全体をマイルドに丸く収めており、また「少量」という香味野菜によるものか洋風テイストでもあり、実に芳醇にして多彩な表情を持つスープです。

    mishima_sioramen_4.jpg
    麺は平打ちでモチモチしたもの。

    mishima_sioramen_5.jpg
    穂先メンマはラー油が効いた味わい。トッピング類も一つ一つ丁寧な仕上がりで、ワンタンなどもきっと美味しいのだろうなぁ。

    店主さんの理想を見事に凝縮、表現したような一杯で、素材の活かし方などもとても参考になりました。

    店主さんお一人での営業で、入店直後は寡黙でずいぶん素っ気ないというか正直「無愛想」という印象を持ちましたが、徐々に「一人営業でそこまで余裕がなく」、なおかつ「はにかみ屋さんなのであろう」という好意的な印象に変わりました。しかも訪問後(※)に店主さんのブログに目を通したら面白いやんけ!ということで、やはりはにかみ屋さんなのだろうと(*´∀`*)

    ※先入観を持ちたくないこともあり、訪問前にはあまり情報収集をしないものですから…

    mishima_out_2.jpg
    それにしても「桜台」にある「美志満」だなんて、なんと風流で麗しい名前でしょうか。店主さんが静岡の三島ご出身によるものだそうです。



    らぁ麺 美志満
    ブログ http://ameblo.jp/mishima-sakuradai/
    住所 東京都練馬区桜台1-2-9 モトビル桜台1F
    電話 
    営業 11:30~14:00頃/18:00~22:00頃
    定休 火
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)

    美志満ラーメン / 桜台駅新桜台駅江古田駅

    昼総合点★★★☆☆ 3.7

    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。