ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定】 ロ麺ズ@弘明寺「本枯節『2年物』の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン」は本日から!
    romenzu_hongarebushishouyu_7.jpg
    ロ麺ズ@弘明寺では、本日10月20日(火)18時頃から限定メニュー「本枯節『2年物』の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン」(長いっ!)が始まります。

    本鰹の2年物とシジミを使い、セリと豚タンをトッピングしました。
    本枯節…
    人と同じく、若いより少し時を経た方が深味がでるのですね…

    後藤談



    って誰に話しかけてるのさ!?という感じですが、正解はロ麺ズの向かいの魚屋さんのおばあちゃんです(笑)。


    romenzu_hongarebushishouyu_1.jpg
    本枯節「2年物」の正油そば 寺岡家の蔵出し醤油を活かしたもう1つのラーメン(950円)

    DSC_0218.jpg
    この醤油との出会いがあって今のロ麺ズがあると言っても過言でないほど、後藤店主がと心底惚れ込んだ寺岡家の蔵出し醤油。

    romenzu_hongarebushishouyu_2.jpg
    それをメインとした醤油ダレありきのバリエーションの1つとして考えられた今回の限定メニュー、醤油との相性はもちろん、醤油に対するリスペクトも込めて選ばれたのが、乾燥と熟成が進み旨味が凝縮された2年物の本枯節と、魚屋さん厳選の国産シジミという、醤油に比肩する「本物」の素材達。

    romenzu_hongarebushishouyu_3.jpg
    そんなスープをひと口いただいた瞬間、目の前に浮かんできたのは「大晦日」の光景でした。油脂感は極めて少なく、醤油と和出汁(本枯節とシジミと昆布の動物系OFFです)が深く響き、雑味なく、五臓六腑にまっすぐ沁みわたる。そう、ほとんど「そば」の味わいなのです。

    そのことを後藤店主に伝えると、だから今回は「ラーメン」ではなく「そば」を名乗っているとの言(※)。おぉ、そう言われてみれば確かに…

    ※温かいラーメンを「そば」と称したのはG麺7・啜磨専科・ロ麺ズを通じて「西谷中華そば」の1回のみ。それも「中華そば」ですから、純粋な「そば」は初めて。

    それはともかく、とにかく「醤油の正しい使い方」と思わせるだけの説得力があります。

    romenzu_hongarebushishouyu_4.jpg
    麺は国産小麦3種ブレンドのロ麺ズレギュラーの麺帯から薄く切り出した平打ちタイプで、G麺7「鮭節と昆布だしらーめん」・啜磨専科「バジルソースの味噌つけ麺」に使われているものと共通。究極にツルツルスベスベで啜り心地最高で歯切れ良し。ロ麺ズ用はさらに薄く切り出すかも知れないとのことで、そちらも楽しみ!

    romenzu_hongarebushishouyu_5.jpg
    肉はなんと豚タンを採用。鮮度重視で国産屠殺(とさつ)直送物を使用、クセが皆無で食べやすく、柔らかさの中に適度な歯ごたえを残した仕上げで心地良し。

    romenzu_hongarebushishouyu_6.jpg
    これまた珍しいトッピングのセリ。市場に出始めらしいですが、この時期のセリが最高に美味しく「久々に『おおっ!』と思った」のだとか。苦味などなく、さっぱり爽やかな香りとシャッキリとした食感でお口の中をリセットしてくれます。

    また、最初の写真の丼中央に見える黄色い欠片は、柚子皮ではなくオレンジの皮。柚子皮では風味が強すぎるからとオレンジにしたそうで、液体油が控えめなのも、肉が脂身の少ない豚タンなのも、三つ葉等ではなくセリなのも、せっかくの醤油と出汁の邪魔をさせたくないゆえの創意工夫によるもの。それでいて「かけそば」のスタイルにしないのもこだわりでしょうか。

    後藤店主曰く、G麺7と啜磨専科の限定は「変化球」なのに対し、こちらは「直球勝負」とのこと。

    今回は限定らしいと言えば限定らしい反面、ロ麺ズ初の限定でコレをやる!?という、ラーメンらしさを捨てたマニアック=玄人向けな作りであることも事実。したがって好みは分かれると思いますが、分かる人には採算度外視(※)で後藤店主自身の嗜好に正面から向き合ったであろうことや、品の良さ、質の高さが十二分に丼の中から窺えるものと思います。

    ※どんなときも1,000円超のプライスを付けないのは後藤店主のこだわり。

    なお、微妙なさじ加減が要求されるので土曜・日曜・祝日の提供については検討中とのこと。しばらくは平日のみの提供になるかも知れません。

    【追記】正式に平日限定に決定しました。



    ロ麺ズ
    住所 住所 神奈川県横浜市南区六ツ川1-689-1 マルエツ六ッ川店 サニーロード内
    電話 045-315-2009
    営業 11:00~21:00
    定休 水
    駐車場 あり(マルエツの駐車場1時間まで無料)
    過去のレポート
    2015/08/11 らーめん正油、らーめん味噌、らーめん塩バター、らーめん塩、汁無担担麺
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ