ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    ラーメン巌哲@早稲田 「鮪塩(しびしお)」
    gantetsu_out_3.jpg
    4月のオープン以来3回目の訪問。11:40頃の入店でカウンター11席はちょうど満席になりました。夏の献立「もり」や「鮪塩冷し」もありましたが、レギュラーメニューで未食の「鮪塩」を選択。冷しはもっと暑くなってからでもね(^^)

    gantetsu_shibishio_1.jpg
    鮪塩(しびしお)(850円)

    その名の通り鮪肉を使ったユニークな一杯。お寿司屋さんにあるようなネタケースから取り出した生の鮪肉を熱したフライパンで酒を加えてソテーし、ある程度火が通ったら他メニューと共通のスープを加え、グツグツとしっかり煮立たせるという調理法。こうして鮪の出汁を取るんですね。

    gantetsu_shibishio_2.jpg
    提供されたそれは鮮魚系の味わいと思いきや、とても香りが良く、意外にも鮪特有と思われる風味はそれほど感じさせずクリアな味わい。むしろ敢えて特定の素材を突出させず、繊細な旨味を丁寧に重ね束ねることで十分な旨味を獲得している印象です。

    そうした出汁にこだわりを感じさせてくれるようなところは、自分のような関東人にとって「関西らしさ」と感じる部分かも知れません。淡麗系の塩味といえば往々にしてそういうものかも知れませんが、それがよりスマートに為されていて感服させられます。よく見ると大葉が使われていたりもして、芸が細かいですねぇ。

    gantetsu_shibishio_3.jpg
    スベスベで滑らかな麺もいつものことながら美味。醤油と共通の麺です。

    gantetsu_shibishio_4.jpg
    しっかり火を通していた鮪肉もやわらか。そしてこちらのお店のチャーシューは大きくてとても美味しいのですが、このメニューにもしっかり乗ってきます。

    満席の客が食べている目の前で店主がミスをした助手相手にブチ切れっ放しでチ○ピラのような立ち振る舞いだったのは食事が不味くなるので勘弁してくれと思いましたが、さじ加減が絶妙、バランス感覚抜群、洗練されていて非の打ち所のない一杯でした。毎回提供まで時間がかかるのがタマにキズですが、どのメニューも個性的でありながらクオリティが高くハズレなし、すごいお店ができたものです。



    食べたもの 鮪塩(しびしお)(850円)
    訪問日時 2014/07/02(水)11:42
    満足度 ★★★★★★★★☆☆

    ラーメン巌哲
    Twitter https://twitter.com/gantetsu01
    住所 東京都新宿区西早稲田1-10-4
    電話 03-6302-1281
    営業 (日~金)11:30~16:00
        (土)11:30~15:00/17:30~21:00
    定休 月
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2014/05/31 中華そば(東大阪風)
    2014/04/26 醤油
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    私最近こちらの利用増えてます^^;

    鮪塩冷し結構気に入ってまして3度程いただいてます。
    今夏まだまだいただきたい冷しです。
    ぜひ路地裏男さんの感想聞いてみたいです。

    私がお伺いしてる時は店員さんへのご指導そこまでキツイ事もないですが、
    お店が暑いのと改善されると確かにより美味しく感じるでしょうね。
    2014/07/12(土) 16:46:17 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    ここはどれも美味しいですねぇ。

    しかし冷しだけでもう3度なんてリピ率高いですね。
    ぜひいただいてみたいと思っています。

    それとそうでした、店内暑いですよね。
    なぜか途中から気にならなくなりましたが、
    店入った瞬間はそのまま帰ろうかと思いました(笑)
    2014/07/15(火) 12:39:26 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック