ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    つじ田 奥の院@飯田橋 「煮干しそば並」
    tsujita_okunoin_out.jpg
    めん徳二代目つじ田 飯田橋店の真裏(棟続き)に、2014年4月9日オープンした煮干しそば専門店。

    tsujita_okunoin_menu.jpg
    入口手前にある券売機。そして店内はカウンター8席、先客・後客なし。茹で麺機がカウンター席の目の前にあり、そこから舞い上がった湯気が客席へと流れ、座っている場所と風向きによっては煙幕のように巻かれます(^^;

    二代目つじ田とは調理場の奥でつながっているようで、あちらで接客している声が聞こえます。こちらの奥の院は、元々二代目つじ田のバックヤードか何かだったのかも知れません。

    tsujita_okunoin_niboshisoba_1.jpg
    煮干しそば並(780円)

    受け皿付きの小ぶりな丼で登場。煮干しというと大抵丼が小さいですよね。

    tsujita_okunoin_niboshisoba_3.jpg
    めずらしく麺を先に紹介。煮干しというとポキポキの硬い麺が多い中、しなやかな仕上がりで好み。

    tsujita_okunoin_niboshisoba_2.jpg
    スープは塩分きつめ、醤油と煮干しがずいぶん直接的な味わい。この系統のスープは舌が煮干しであり醤油に慣れてきた頃にベース(動物系)のスープが物を言うと思いますが、そこで特段感慨を得られないのがこのスープの残念なところ。ゆえに味わいに深みがなく、「醤油と煮干しが直接的」と感じたのだと思います。

    そこで卓上の黒七味を入れると美味しくなりましたが、それは黒七味が美味しいのであって。それからこれはマストではありませんが、濃い味の煮干しのスープには刻み玉ねぎが欲しくなりますね。

    …と貶してばかりですが、もちろん一定のクオリティは保っています。しかし、特にスープのベース部分の物足りなさは同じくつじ田の別ブランドである井関屋@御茶ノ水と通じるものがあると感じました。

    また生意気ついでになりますが、つじ田ほどの店でありながら独自性が感じられず、これでは「煮干しが流行っているから店出しました」「とりあえず煮干し効かせときました」以上に伝わってくるものがなく、量産型煮干しラーメンの域を出ない印象でした。つじ田のつけ麺はオリジナリティがあって美味しいのになぁ。



    食べたもの 煮干しそば並(780円)
    訪問日時 2014/05/29(木)18:09
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    つじ田 奥の院
    HP http://www.nidaime-tsujita.co.jp/
    住所 東京都千代田区飯田橋4-8-14
    電話 03-6268-9377
    営業 11:00~23:00(売切次第終了)
        (土・日・祝)11:00~21:00(売切次第終了)
    定休 不定休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。