ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    油SOBA 図星@早稲田 「油SOBA」
    zuboshi_out.jpg
    2013年9月10日、ones ones 早稲田店跡地にオープンした油そばのお店。店内はカウンター12席、先客3名、後客5名、食券制。

    zuboshi_menu_1.jpg
    メニュー。油そば専門店ということでラーメンやつけ麺はありません。

    zuboshi_menu_2.jpg
    こういうイラスト入りの手書き解説、良いですよね(^^)

    zuboshi_menu_4.jpg
    こちらはkokoroBA@西早稲田の系列店だそうです。卓上調味料はラー油、酢、四川山椒の3種類でした。

    zuboshi_aburasoba_1.jpg
    油SOBA(750円)

    zuboshi_aburasoba_2.jpg
    くじら軒や六厘舎でおなじみの「古代波」丼で登場。この丼に入ると大抵のものは美味しく見えるからズルイですw しかもどんな店で出てきてもイヤミじゃないですよね、この丼。

    タレは油多めながら味わいは魚介中心、ジャンク感は薄く、品のある味わい。タレの味で食べさせるというより、タレと麺双方の風味を楽しませる狙いがあるようにも思われます。徐々に粗挽き黒胡椒がピリリと効いてきます。

    zuboshi_aburasoba_3.jpg
    国産小麦100%の極太麺はうどんのようにやわめのタッチながらコシの粘りがあり、モッチモチで旨いです。きちんとアツアツ、風味もしっかり。油そばのみならず、他の食べ方も試してみたくなります。茹で前250gにしては重量感を感じませんでした。

    zuboshi_aburasoba_4.jpg
    トッピングの真空低温調理チャーシューはダブル、1枚は炙りが入ったもの。見た目通りしっとり、塩加減も多からず少なからずの良いさじ加減で美味しいですが、繊維部分の噛み切りづらさや、レア感は好みが分かれる気がしないでもありません。他に刻みチャーシューも入っています。

    zuboshi_menu_3.jpg
    総じて上質感を覚えるアイテムが多く、逆にチープ感は皆無な油そばでした。単品の味わいをダイレクトに感じやすい油そばにおいて、麺や具に力を入れている点は好感。あと個人的に、油そばにおいて刻み海苔や削り節がタレを吸うことで本来の味や食感が損なわれるのが好きではないのですが(クタッとしてタレの味が染み込むアノ感じです)、それがなかったのも良かったです。

    甘味がない点、動物系油脂のしつこさがなく、さっぱり食べられるのもオッサンに差し掛かっている自分にはありがたく、こってり感が欲しい人は無料の背脂をお願いすれば良いですしね。

    その点で満足度は高かったのですが、「この値段出すならラーメンを食べたいね」と言われそうなのがこの油そばにとっての悩ましいところかも知れません。少しお金を出しても美味しいものが食べたい大人向けの油そばとも言えそうですが、果たしてそういう需要があるのかと言うと疑問ですし。これが600円台なら他の油そば専門店にとっても脅威になりそうですが…



    食べたもの 油SOBA(750円)
    訪問日時 2014/02/28(金)12:36
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    油SOBA 図星
    住所 東京都新宿区戸塚町1-101-2 アルファ早稲田ビル1F
    電話 03-3208-5002
    営業 11:00~16:00/17:00~23:30
    定休 不定休
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。