ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    家系ラーメン とらきち家@東白楽 「ラーメン」
    torakichiya_out_1.jpg
    2014年1月24日に、激戦区六角橋の中でも六角家本店の2軒隣にオープンしたことで話題になっているお店。こちらは家系総本山・吉村家の直系店として独立した王道家@柏出身とのこと。ということは凱旋オープンと言いますか、逆輸入的と言いますか。

    その王道家も現在では吉村家直系から外れているらしく(自家製麺にしたことによるものだとか)、そこからこのとらきち家と六角家本店、そして近くの末廣家(昨年オープンした吉村家直系店)という横浜上麻生道路を挟んだ横浜家系3軒の構図も透けて見えてくるというものでしょうか。いずれにせよこの場所に出店したのは偶然ではなく…という話になろうと思いますが。

    torakichiya_menu.jpg
    変形コの字型のカウンターは20席くらい、先客3名、後3名、食券制。「薬味ネギ多め」のサービスあり、日替わりの現金トッピングでこの日は豚バラ20円、ニラもやし10円、玉ネギ10円、ほうれん草30円などがありました。また、ほうれん草・海苔なしの替わりに二郎風の「野菜ラーメン」を注文できるなど、なかなかフレキシブルなメニュー展開です。好みはすべて普通でお願いしました。

    卓上調味料は生にんにく、グリーンにんにく、ライス用にんにく、フライドガーリック、とらきち家自家製刻みしょうが、おろし生姜、とらきち家自家製ラーメン酢、豆板醤、粗挽きトウガラシ、ラーメンコショー、白ゴマ、マヨネーズ。…マヨネーズ?豊富といえば聞こえは良いですが、こんなにいろいろ必要?

    torakichiya_ramen_1.jpg
    ラーメン(650円)

    torakichiya_ramen_2.jpg
    スープはほどほどの乳化度、醤油ダレの濃さは同店が吉村家の流れを汲むと知らずとも直系を連想させるには十分なほど。それどころか吉村家あたりがしょっぱさと同時にまろやかさや野性味を感じさせるのと比べると、鶏油や豚骨の存在を霞ませるほど醤油の酸味が支配的に感じられます。ブレでしょうか。

    torakichiya_ramen_3.jpg
    「王道家」と書かれた麺箱から出てきた中太麺は普通指定ながらだいぶ硬め。これも通常仕様とは思えません。直系御用達の酒井製麺より平打ち感が若干弱いかも?

    torakichiya_ramen_4.jpg
    チャーシューはギュッと噛み締めるスモークタイプのモモ。ほうれん草たっぷり、ネギも「多め」のサービスはお願いしませんでしたが、それでも家系としては多め。

    スープは最後の一口までアツアツなのは良かったですが、食後もしばらく醤油感が強く残りました。味が落ち着くにはもう少しかかるのかも知れません。

    アイドルタイムということもあり帰り際には僕以外にお客さんが一人、2軒隣の六角家本店を覗いたらこちらも二人ということで勝負(?)は痛み分け。同業が同一エリアで凌ぎを削ることで相乗効果をもたらすのか、それとも勝者と敗者の決着がつくのか、お手並み拝見といったところでしょうか。

    torakichiya_out_2.jpg
    とらきち=虎キチ(トラキチ)。看板から猛虎魂を感じます(笑)。



    食べたもの ラーメン(650円)
    訪問日時 2014/02/23(日)15:48
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    とらきち家
    住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
    電話 045-491-5953
    営業 11:00~22:00
    定休 月
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    激戦区
    白楽は以前にも増してラーメン激戦区になりましたね。食べる方も悩んで苦労しそうです。(^^)
    2014/03/03(月) 18:35:19 | URL | こばやし #-[ 編集]
    >こばやしさん

    白楽もさることながら神奈川区全体が新店ラッシュで
    しかもレベルが高いですね!
    この勢いは続きそうですよ(^^)
    2014/03/05(水) 00:10:49 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック