ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    麺館 SHIMOMURA@井土ヶ谷 「黒とんこつ」
    このお店は閉店しました

    shimomura_out.jpg
    2013年11月28日オープン、元町の和食店「SHIMOMURA」のラーメン業態進出店。井土ヶ谷駅から鎌倉街道の通町1丁目交差点へ向かう途中、グラッチェガーデンズの向かいにあります。店名は「めんや しもむら」と読むそうです。へぇ…って決して「SHIMOMURA」が読めなかったわけではなく、「麺館」で「めんや」と読ませる点ですが。

    shimomura_menu_1.jpg
    券売機はお店の外、建物の向かって左側の壁面にあります。それにしても看板メニューが800円スタートとはまた強気な…。

    shimomura_menu_2.jpg
    A型看板のメニュー写真。店内はカウンター8席、先客2名、後客なし、奥の数席はエアコンの風が顔を直撃します…

    shimomura_kurotonkotsu_1.jpg
    黒とんこつ(800円)

    shimomura_kurotonkotsu_4.jpg
    丼でかっ!具多っ!ネギが3パターンのほか、分厚いバラチャーシュー3枚、味玉半分、海苔も2枚ということで、よくある「特製」に近い仕様ゆえにこの値段なのかと納得です。

    shimomura_kurotonkotsu_2.jpg
    スープはミルキーかつマイルドな豚骨醤油味…、などという無難な表現では済ませられないほど重量感あるド豚骨スープ。旨味はしっかり、一方で臭味は感じられないところまでは良いのですが、何しろ油が過多。僕の基準ではよほど空腹かよほど元気な日でないとしんどいレベルで、途中からスープに手を出す勇気がなくなりました(^^;

    黒い液体はネットの情報によればマー油ではなく「ひじき油」とのこと。ひじき油というのは何物なのでしょうか。おそらくはひじきから取った油脂ということではなく、植物油等をベースにフードプロセッサーにかけたひじきをミックスさせているような代物だと思われますが、とりわけひじきの風味がしたり、これによって和風寄りの味付けになっているわけでもなさそうで効果のほどは疑問です。

    shimomura_kurotonkotsu_3.jpg
    麺はオーソドックスな中細ややちぢれ。何ともフツーですが、麺以外のインパクトが大なのでこれでもいいかという感じ。

    和食店が作るラーメンとして考えると異色ですし、ひじき油などの独自性は面白いですが、それにしても好き嫌いが分かれそうに思いました。接客は非常に丁寧で好感が持てました。



    食べたもの 黒とんこつ(800円)
    訪問日時 2014/02/20(木)13:34
    満足度 ★★★★★☆☆☆☆☆

    麺館 SHIMOMURA(2016年5~6月頃閉店)
    住所 神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町8
    電話 045-715-2489
    営業 (火~土)11:30~25:00
        (日)11:30~23:30
    定休 月
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック