ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    麺処 懐や@鷺沼 「しょうゆ(細麺)」
    futokoroya_out.jpg
    東急田園都市線・鷺沼駅北口より徒歩1~2分のところに2013年2月15日オープンしたお店。読みは「ふところや」、店主さんは中村屋@海老名のご出身。個人的には昨年3月、夜の部に訪れたものの早じまいにフラれて以来1年ぶり。あのとき、夜の鷺沼に放り出されたのはキツかった(苦笑)。現在は昼の部のみの営業となっています。

    ちなみに今回は電車ではなく車を利用したのですが、近くにコインパーキングが多くなく、どこも満車かつ出入りが少なく大変苦労しました。

    futokoroya_menu_1.jpg
    店内にある券売機。こじんまりとした店内はカウンター6席、先客5名、後客5名、客層は老若男女幅広いですね。寡黙な店主さんとお母様でしょうか、お二人での営業。店主さんは本家の「天空落とし」ほどではありませんが、重力を利用した大きなフォームで湯切りをされていらっしゃいました。

    futokoroya_shouyu_hoso_1.jpg
    しょうゆ(細麺)(650円)

    futokoroya_shouyu_hoso_2.jpg
    仕上げに鶏油で蓋をしたスープは多少濁りがあるもの、バランス型ですが強いて言えば魚介中心。意外と複雑さはありません。ほんのり甘味が残るあたりに「なるほど中村屋ってこんなだったな」と思い出させてくれたり。

    futokoroya_shouyu_hoso_3.jpg
    麺は硬くなく、やわくなくの適度な茹で加減。

    futokoroya_shouyu_hoso_4.jpg
    提供直前に焼き目がつかない程度に炙られた低温調理系チャーシューは味付け良く美味。

    神奈川淡麗系の正統派の一杯である以前に、その体裁や味、価格が何人にも「ラーメンらしいラーメン」として安心感や納得感を与えるものであることが幅広い客層に支持されている所以だと感じました。

    futokoroya_menu_2.jpg
    ところで以前、「中村屋」での修行経験が有ってもその事実は公にしないという不文律があるような話を聞いて「へぇ」と思ったことがあったのですが、ここや藤堂@三島あたりを思うとそんなこともないのかな?



    食べたもの しょうゆ(細麺)(650円)
    訪問日時 2014/02/20(木)11:58
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    麺処 懐や
    住所 神奈川県川崎市宮前区鷺沼3-3-12
    電話 
    営業 11:30~15:00
    定休 日
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。