ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    【限定メニュー】 らぁ麺 やまぐち@西早稲田 「吟醸酒粕蔵出し担々麺」
    yamaguchi_out_3.jpg
    2月10日(月)から始まった花の季の蔵出し味噌2014と澤姫の大吟醸酒粕を使った限定麺シリーズの後半戦、やまぐち@西早稲田は担々麺を出してきました。カウンター13席、先客12名、後客続々、食券制。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_7.jpg
    1日15食限定とのこと。食券を渡すと「お時間ください」とアナウンスがあり、それから20分ほどかかって提供されました。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_1.jpg
    吟醸酒粕蔵出し担々麺(900円)

    yamaguchi_kuradashitantanmen_2.jpg
    美しい盛り付け。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_3.jpg
    スープは味の変化を楽しむタイプのようでしたので、あまり混ぜないようにしていただきました。ファーストコンタクトは辛味や胡麻の香りでスパイシー&ビター、辛旨くパンチ十分でありつつ、徐々に顔をのぞかせてくる酒粕等のコントラストもいい感じ。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_4.jpg
    その後は味噌や酒粕の穏やかで甘みを伴った味わいにシフトしていくのですが、前半の刺激が強いだけにやや物足りない感も。また、他の主張が強いために主役のはずの味噌がマスキングされているような印象も受けます。でも「吟醸酒粕蔵出し担々麺」ですから味噌はそういうポジションで良いのかな。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_5.jpg
    麺は麺屋棣鄂に特注したという平打ちの手揉み麺、スープの持ち上げ抜群です。麺線は短めですが、手揉みゆえの不規則な食感が心地良いです。

    yamaguchi_kuradashitantanmen_6.jpg
    トッピングは「花の季の蔵出し味噌を使用した肉味噌」と「豚ヒレ肉を真空調理したチャーシュー」とのこと。豚ヒレは柔らかくしなやか、さっぱりしていて上品なのですが、この担々麺とのマッチングは好みが分かれそうな気もしました。

    こちらのメニューは2月16日(日)で提供終了となります。



    食べたもの 吟醸酒粕蔵出し担々麺(900円)
    訪問日時 2014/02/13(木)11:44
    満足度 ★★★★★★★☆☆☆

    らぁ麺 やまぐち
    ブログ http://nyami.cocolog-nifty.com/
    住所 東京都新宿区西早稲田2-11-13
    電話 03-3204-5120
    営業 (火~土)11:30~15:00/17:30~21:00
        (日・祝)11:30~17:00
        ※いずれもスープなくなり次第終了
    定休 月(祝日の場合は翌日)
    駐車場 なし
    過去のレポート
    2013/12/14 にぼみそ
    2013/07/31 鶏つけそば+大盛
    2013/02/02 特製鶏そば
    2013/01/11 追い鰹中華そば
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    こちらの花の季限定ちょっと気になってました。
    残すところ明日、明後日で行くか思案中です。(苦笑)

    ちなみにKABOちゃん11日昼の部でお伺いしたところ
    花の季限定は夜の部からとの事で撃沈してきましたよ。(苦笑)
    2014/02/14(金) 21:23:38 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    後藤さんが味噌の個性を活かす方向だったのと比べると
    こちらの使い方はまったく異なるアプローチで面白かったです。

    駒込お疲れ様です(苦笑)
    私は昼休みに地下鉄乗り継いで春日まで足を伸ばしましたが
    待ち10名ほどで断念しました。。
    2014/02/15(土) 12:38:50 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック