ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    流星軒@吉野町「逆つけジンジャーワンタン麺」は2月6日(木)から!
    ryuuseiken_gyakutsukeginger_6.jpg
    今年も「逆つけ」がやってきた!

    ということで流星軒@吉野町では2月6日(木)からG麺7×流星軒コラボ第17弾「逆つけジンジャーワンタン麺」が始まります!

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_1.jpg
    逆つけジンジャーワンタン麺(950円)

    ※試作のため、トッピング等は変更になる可能性があります。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_2.jpg
    昨年3月に期間限定で提供され、食べ方のバリエーションの多彩さで新境地を開いた逆つけスモーキーのリモデル版。一般的なつけ麺とは逆に、味付けされた和え麺をスープにつけ、ジャブジャブと味を落とすようにして食べるゆえに「逆つけ」というのはご存じの通り。今回は「ジンジャー」のネーミングからも分かる通り、昨年末提供された年越しジンジャーラーメンの要素を取り込んでいます。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_3.jpg
    ただし年越しでラードベースだったジンジャーオイルは扱いやすさの問題でピーナッツ油ベースに変更、醤油ダレも「逆つけ」をしたときの色の変化が分かりやすいよう、薄口醤油から「支那そば醤油」の醤油ダレに変更したそうです。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_4.jpg
    コラボの麺は啜磨専科の「モチ豚背アブらー麺(背脂~麺)」で使用され(当初は別の麺でしたが、途中からこの麺に切り替わっています)、2月10日(月)からG麺7で提供される花の季の蔵出し味噌らーめんでも使われる予定の中太麺。

    麺に関してはここ最近のコラボではG麺7から提供された麺に注文を出し、自分好みの仕様に変えてもらうことが続いたという平賀店主。しかしふと「でも待てよ、それじゃコラボじゃないんじゃないの?」と思ったそうです。

    …確かに。

    それじゃただの製麺所扱いですw

    ということで、「同じ麺を使って異なる個性を引き出す」というコラボの原点に立ち帰り、G麺7から提供された麺をそのまま活かすことからスタートした今回の試作だったそうです。

    この麺はG麺7の創業当初の麺帯を再現し切り刃を変えたもの。同じものを啜磨専科でもいただきましたが、実際に同じ麺とは思えません。でも実は同じ…というのが面白いところです。

    前置きが長くなりましたが、この麺をそのまま啜るのが1つめの食べ方になります。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_5.jpg
    一般的なつけだれに相当するのはベースのスープ。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_6.jpg
    そのスープに生姜醤油ダレで和えた麺をくぐらせ洗うようにすることでこれだけ色が落ち(2つ前の画像と見比べてみてください)、味の違いが楽しめると同時にタレの濃さの調整ができます。これが2つめの食べ方ですね。

    そして、スープを麺サイドに全投入することでラーメン状態にして食べるのが3つめの食べ方になります。この3番目の食べ方だけは後戻りができませんので、1番と2番を堪能してから実行に移すのが良さそうです。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_7.jpg
    また毎回楽しみなワンタンの具ですが、今回は「豚肉+角切りのイカ(!)」をおなじみシウマイの皮で包んだもの。しかも今回は、いつもワンタンを包む作業を一手に引き受けていらっしゃったおかみさんが平賀店主に代わって初めて考案されたそうです!

    そのほっこりした味わいは攻撃的な生姜醤油のタレと対照的で、両者のコントラストはまさに平賀店主ご夫妻そのものようだ…などと言ったら怒られちゃいそうですが( *´艸`)、箸休めにぴったりです。また、均整の取れた球体の餡にヒラヒラとした皮という形状は、箸で持ち上げたときにてるてる坊主のようで可愛いらしいです。本当に流星軒のワンタンはハズレなしです。

    (このワンタンが気になる方は…、メニューの裏を見てみてね。柔軟に対応してくれるそうです(謎)。)

    食べ方のバリエーションが3パターンあって「1杯で3度美味しい」のがこの「逆つけ」の楽しさであるのは枚挙に暇がないと思いますが、もっと言えば「スープと麺の一体感」と「スープと麺のコントラスト(積極的なアンバランスさ)」という、本来同じ1杯の中に両立しないはずのファクターを同時に楽しめることにあるのかも…などと思ったりしました。

    なお、それぞれの食べ方を楽しんで欲しいという思いから麺量はいつもより多めの並240g、大盛320g(150円増し)となります。

    ryuuseiken_gyakutsukeginger_sisaku_8.jpg
    今回の試作の過程ではご覧のような薄口醤油×ジンジャーオイル×レギュラースープのワンタン麺という、年越しのそれに近いラーメンも検討されていました。これが「逆つけ」に変わるのですからやはり麺の影響は小さくないですよね。

    それからレギュラーメニューにも関連するお知らせですが、昨年の年越しで提供され、上の画像の中にもたびたび登場している低温調理&燻製風味の豚モモチャーシューが常時スタンバイされるようになりました!

    つきましては、デフォルトでチャーシューが1枚のメニューについては従来通り肩ロースの炙りチャーシューのみになりますが、チャーシューが複数枚載る「流星麺」「チャーシュートッピング」については肩ロースの炙りと低温豚モモのミックスになりますのでィヨロシクとのことでした(´▽`*)



    流星軒
    住所 神奈川県横浜市南区日枝町4-97-2 グレイス南太田1F
    電話 045-241-1238
    営業 11:30~14:30/18:00~スープ終了まで(21時頃が目安も、遅いときは22時頃まで)
    定休 水
    駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
    過去のレポート
    2014/01/04 年越しジンジャーワンタン麺(期間限定)+味玉
    2013/10/15 ザ・スモーキー(期間限定)+味玉
    2013/10/04 年越しジンジャーラーメン(試作)
    2013/09/09 ワンタンスモーキー(試作)
    2013/07/05 SEXY DUCK パンプキン(試作)
    2013/05/29 Sexy Duck Smokey Special(試作)
    2013/03/17 逆つけスモーキー(試作)
    2013/01/16 オニグラセブン(期間限定)
    2012/12/31 年越しチキンラーメン(期間限定)+味玉
    2012/11/20 オニグラセブン(試作)
    2012/10/14 カモンベイビー♪(期間限定)
    2012/09/06 冷やし昆布だしつけめん(期間限定)
    2012/08/28 鴨ワンタンの試作麺/つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/21 つけめんSEXY DUCK(期間限定)
    2012/07/07 つけめんSEXY DUCK(試作)
    2012/06/12 枝豆SEXY DUCK(期間限定)
    2012/05/04 枝豆SEXY DUCK(試作)
    2012/03/21 黒く塗りつぶせ(期間限定)
    2012/03/14 黒く塗りつぶせ(試作)
    2012/03/09 揚げネギメンマスペシャル(期間限定)
    2012/01/08 流星パンチ
    2011/12/31 魚介だしオンリー塩ラーメン(期間限定)
    2011/10/25 ONLY ONE(期間限定?)
    2011/09/24 支那そば・しお
    2011/08/17 SEXY DUCK SIO(期間限定)
    2011/05/30 SEXY DUCK(期間限定)
    2011/04/12 昆布だし潮つけめん 辛味大根添え(期間限定)
    2010/12/08 流星尾道セブン+青ネギ(期間限定)
    2010/11/29 つけ麺・しょうゆ味+麺大盛/流星パンチ
    2010/11/20 流星麺・塩味
    2010/08/10 そのまんま冷やし+大盛(期間限定)
    2010/05/19 カモネギG麺(期間限定)
    2009/07/04 流星麺・しょうゆ味
    2009/05/14 醤油プレミアム+味玉
    2006/06/21 支那そば+味玉半分
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    毎回分かりやすいレポありがとうございます。<(_ _)>

    平賀さんも麺が決まるまでどうなるかと
    言っておられましたが、
    確かに私が頂いたものとは別物ですね。

    逆つけは一番好きな限定でしたので
    これはかなり楽しみですよ!
    イカ好きな私でしてさらにおかみさん作とのワンタンも
    もちろん大きな楽しみです。(夫妻の件笑えました)

    近々に京急乗車したいと思います。
    2014/02/05(水) 21:25:54 | URL | seki #-[ 編集]
    >sekiさん

    こちらこそいつもご覧いただきありがとうございます。

    当たり前なのですが麺の違いは大きいですね。
    後藤さんのところとの対比という意味で
    逆つけはとて面白いと思います。

    ワンタンはほとんどそのまま食べてしまった気がするのですが
    これも3通りの食べ方ができるのだと後から気づきました(^_^;
    2014/02/07(金) 07:11:28 | URL | 路地裏男 #mQop/nM.[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。