ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    中華ソバ 伊吹@志村坂上 「淡麗中華ソバ」「濃厚中華ソバ」
    ibuki_out.jpg
    2014年1月13日、東大泉より移転オープンした「煮干狂會」所属の店。初めて下車した志村坂上駅でしたが、駅から現地までは一本道で分かりやすかったです。

    夜の部は18:30オープンですが、17:50着で先客2名。結局定刻より早い18:18に開店、その頃には外待ちは15名ほどになっていました。

    ibuki_menu_1.jpg
    券売機。「淡麗」と「濃厚」の二本立て。

    ibuki_menu_2.jpg
    イチカワ@つくば公認という「和え玉」の案内。多くの人が注文していました。

    店内はL字カウンター7席、その背後にはウェイティング用の椅子が並んでいるので若干プレッシャーですね(^^; また、10種類以上の煮干しのダンボール箱が堆く積み上げられています。巨漢の店主さんとお母様なのか、中高年のおばちゃんの2名体制。

    ibuki_tanrei_1.jpg
    淡麗中華ソバ(750円)

    ibuki_tanrei_2.jpg
    伊藤インスパイアっぽいですが、中央には刻みネギではなく刻み玉ねぎ。

    ibuki_tanrei_3.jpg
    スープは苦味やえぐみは皆無、煮干しの効かせ方もマイルドでインパクトより全体の一体感を重視しているかのよう。想像していたよりずっと繊細な印象です。

    ibuki_tanrei_4.jpg
    伊藤ほどポキポキではありませんが、低加水、硬めの中細ストレート麺。

    ibuki_tanrei_5.jpg
    「淡麗」も「濃厚」も煮干し粉が残ることはありませんでした。

    ibuki_noukou_1.jpg
    濃厚中華ソバ(750円)

    ibuki_noukou_2.jpg
    構成は「淡麗」と共通。

    ibuki_noukou_3.jpg
    ドロドロで「煮干しグレー」などと言われる色合いのスープは「ドロドロ」というよりも、親しみを込めて「泥泥」と表現したくなるほどの白湯ぶり。対するニボ度はそこまで強烈ではありません。

    ibuki_noukou_4.jpg
    麺も「淡麗」と共通でした。

    その待ち客の多さが同店の実力を物語っていると思いますが、「淡麗」も「濃厚」も煮干しの存在感は決して強くなく、ニボニボ感を待望していた五感にはもうひと押しもふた押しも欲しいところでした。この系統にはめずらしく食後も後引く余韻とか中毒性などを感じることなく、丁寧と感じた仕事が丁寧過ぎるように思えたほど…、というのが後日イチカワ@つくばも訪れたうえでの感想です。

    閉店時刻はオープン当初から21:30→20:30と来て、訪問時は20:00と表記されていました。



    食べたもの 淡麗中華ソバ(750円)、濃厚中華ソバ(750円)
    訪問日時 2014/01/29(水)17:50
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    中華ソバ 伊吹
    ブログ http://ameblo.jp/surtrece/
    住所 東京都板橋区前野町4-58-10 見次パークマンション
    電話 
    営業 11:45~14:30/18:30~20:00
    定休 月曜・第3火曜
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。