ノンジャンル系日記ブログだったはずが、今やほとんどラーメンブログ。何かの参考になることがあれば幸いです。横浜南部&東京都心メイン。
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    東池袋大勝軒@東池袋 (東京都豊島区南池袋)
    higashiikebukurotaishouken_out.jpg
    言わずと知れた伝説の店。お恥ずかしながら初訪問です。正午前ながら店内待ち10名くらいで人気のほどが伺えます。

    higashiikebukurotaishouken_menu.jpg
    券売機。「もりそば」「あつもり」「中華そば」の三本柱とそのトッピング違いというメニュー構成。「餃子」「しゅうまい」といったサイドメニューも気になります。

    店内はカウンター11席、テーブル3卓10席、軒先に2卓8席のテラス席があり調味料類もセッティングされていましたが訪問時は使用されていませんでした。

    現在の店舗こそ2008年オープンでまだ新しさが残りますが、半世紀以上に渡る歩みを示す写真等を眺めていると、ラーメン博物館などにはない本物の歴史の重みを感じます。

    higashiikebukurotaishouken_morisoba_1.jpg
    もりそば(700円)

    higashiikebukurotaishouken_morisoba_2.jpg

    higashiikebukurotaishouken_morisoba_3.jpg
    つけ麺の元祖であり、ラーメンに殿堂があれば殿堂入り確実な一杯。甘辛酸がビンビンのつけだれに色白でツルッとして柔らかめ、やさしい味わいの中太麺。

    もし新規店が同じものを出してきたらオールドルーキーどころの騒ぎではないスタイルにディスってしまうかも知れませんが、ここでは山岸御大の「心の味」を守ることが食べ手によって求められ、店もそれに応えている(その逆もしかり)であろうことが伝わってきます。

    現代の標準的つけ麺と乖離があればあるほど、その凄さの表れと言えるのかも知れませんね。温故知新。ご先祖様がいなければ子孫は存在しないリアル。世につけ麺を送り出した店で、つけ麺誕生の瞬間に思いを馳せてみる。そんな他愛なさそうなことも、日本中でここでしか出来ないのだなぁ。



    食べたもの もりそば(700円)
    訪問日時 2014/01/17(金)11:51
    満足度 ★★★★★★☆☆☆☆

    東池袋大勝軒
    HP http://www.tai-sho-ken.com/
    住所 東京都豊島区南池袋2-42-8
    電話 03-3981-9360
    営業 (月~土)11:00~23:00
        (日・祝)11:00~22:00
    定休 無休
    駐車場 なし
    関連記事

    テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。